デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

インクが激しく飛び散ったような跡

特集記事

思わず見とれる存在感を創り出す! イラスト&デザインを彩る“アナログ表現”の全技法



Photoshopの“ストローク(スプレー)...”フィルタで表現
インクが激しく飛び散ったような跡

インクが激しく飛び散ったような跡

制作・文 ドルバッキーヨウコ[D-design]
URL http://www.dholbachie.com/design/
使用ソフト Photoshop CS3


1まず、Photoshopで新規ファイルを開き、背景レイヤーを複製する。この複製したレイヤーに対し、長方形ツールでツールオプションバーの[塗りつぶした領域を作成]を選択して、黒塗りの長方形を描き、上半分を塗りつぶす1-1。さらに、細かい長方形を描き、ランダムな凹凸を作成する1-2

1-1
1-1

1-2
1-2


2 次に、“ブラシストローク”→“ストローク(スプレー)...”フィルタを2-1のような値で適用2-2。その後、“変形”→“極座標...”フィルタを[直交座標を極座標に]にチェックを入れて実行する2-3。続いて、円に近い形状となるよう変形し、自動選択ツールで[隣接]のチェックを外して白い部分を選択したら、deleteキーで削除する。

2-1
2-1

2-2
2-2

2-3
2-3


3 今度は、描画色を任意の色に設定し、編集メニュー→“塗りつぶし...”を[透明ピクセルの保持]にチェックをつけて実行。さらに、背景レイヤーは黒で塗りつぶしておいた3-1。最後に、ブラシツールなどを用いて塗料がはねたような表現を描き足せば完成だ。

3-1
3-1


>>>「水彩インクをにじませたような和紙」を見る
>>>インデックスへ戻る



本記事は『MdN』2009年11月号(vol.187)からの転載です。
『MdN』2009年11月号(vol.187)表紙

そのほかには下記のような記事が掲載されています。
(クリックすると画像が大きく表示されます。)
『MdN』2009年11月号(vol.187)、36-37ページ 『MdN』2009年11月号(vol.187)、48-49ページ

特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。
月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら!

楽天ブックスで買う
amazon.co.jpで買う


twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS