MdNの本

デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー

デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー

デザインを学ぶ2 色彩と配色セオリー

「講義」と「演習」で習得する、デザイン教育の標準テキスト。 色についての基本から、配色のポイント・技法などの知識まで幅広く解説!

石田 恭嗣 著
B5変形判 / 144P
ISBN978-4-8443-6345-3 / 価格(本体1,800円+税)※電子版の価格は販売ストアにて
2013年06月04日発売

「デザインを学ぶ」シリーズは、学び、理解を深め、身につけることを目的とした、新しいタイプのデザインの教科書です。「講義(=レクチャー)」と「演習(=エクササイズ)」で構成されており、「講義」では、専門学校や大学における課程で学ぶように、〈理論=セオリー〉を学習しながら〈技術=テクニック〉を磨き、優秀なデザイン〈作品〉を見ることで理解を深めます。さらに、自ら手を動かすことによって、学習した内容が体験として身につくよう、各講義の終わりには「演習」が設けられています。本書『色彩と配色セオリー』は、色についての基本から、配色のポイント・技法の基礎知識など、デザインを学ぶ上で欠かすことのできない、もっとも基本的な理論や技術をわかりやすく紹介しています。色彩・配色について学びたいと思う学生の方はもちろん、初心者のみなさまに幅広くおすすめしたい入門書です。

●本書の構成
【第1講】色とは何か?
 ・色が見える仕組み ・色の混合の基本について ほか
【第2講】色を記録、伝達するための方法
 ・色名法と表色系 ・代表的な表色系 ほか
【第3講】色彩心理を学ぶ
 ・色の心理効果 ・色が伝えるメッセージについて ほか
【第4講】配色のセオリー
 ・配色のポイント ・配色の技法 ほか
【第5講】カラー計画を立てる
 ・印刷物、Web、イラストレーションでのカラー計画 ほか

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本
















目次

クリックすると開きます

【目次】
本書の読み方
ガイダンス 色の世界

第1講 色とは何か?
講義1-1 色が見える仕組み
講義1-2 色の混合の基本について
講義1-3 色と照明について
演習1 グラフィックソフトで色光の三原色の混色を作ってみよう
Column 色彩学におけるニュートンとゲーテ

第2講 色を記録、伝達するための方法
講義2-1 色名法と表色系
講義2-2 代表的な表色系ー顕色系
講義2-3 代表的な表色系ー混色系
演習2 グラフィックソフトで色の三属性を把握しよう
Column Webセーフカラー

第3講 色彩心理を学ぶ
講義3-1 色の見え方を決める要因を知る
講義3-2 色の心理効果について
講義3-3 色が伝えるメッセージについて
付録 すぐに使えるイメージカラーインデックス

第4講 配色のセオリー
講義4-1 配色のポイント
講義4-2 配色の基本
講義4-3 配色の技法
付録 色相、配色カラーインデックス

第5講 カラー計画を立てる
講義5-1 広告表現の配色
講義5-2 エディトリアルの配色
講義5-3 Webサイトの配色
講義5-4 イラストレーションの配色
演習5 パッケージのカラープランニングをしてみよう

索引

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)