MdNの本

Web担当者 仕事としくみがわかる本 はじめての見積りから制作・運用・SNS活用まで

Web担当者 仕事としくみがわかる本 はじめての見積りから制作・運用・SNS活用まで

Web担当者 仕事としくみがわかる本 はじめての見積りから制作・運用・SNS活用まで

これで、あなたも一人前のWebマスター!Web活用・運営の初心者でも「何」を「どうする」がわかる。

藤田 拓人 著/清水 豊 著
A5判 / 224P
ISBN978-4-8443-6492-4 / 価格(本体2,000円+税)※電子版の価格は販売ストアにて
2015年04月27日発売

本書は、はじめて本格的にWebを運営する方(Web担当者、Webマスター)に向けて、基本的な事柄や効果的な方法をわかりやすく解説したものです。これまでWebサイト(ホームページ)の運営を専門にしてこなかった方にも、「何をどうする」が明解に伝わるよう、図表やイラストを用いて具体的に説明しています。 各章は「設計」、「発注・見積り」、「制作」、「運用・効果測定」に加え、現在Webを活用する上で欠かすことのできない「ソーシャルメディア」を加えた5章構成です。サイトが完成するまでのワークフローに沿って解説することで、各段階でやるべき事柄や「何をどういう順番で進めるか」、「誰に何を依頼するか」などが理解しやすい、実用性の高い内容になっています。Web制作・プロモーションの実績豊富な著者ならではの、Webに関する最新の情報もできるだけ盛り込みました。 ビジネスをはじめとするさまざまな活動を行う上で、Webを活用できないということは、数多のチャンスを逃してしまうことにほかなりません。これからWebならではの利点や有用性を生かした活動を行おうとする、すべての方に読んでいただきたい1冊です。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本
















目次

クリックすると開きます

【目次】

■序章 Web担当者の仕事
01 Web担当者とは
02 Web担当者のステップ

■第1章 設計——目的と役割を明確にする
01 「設計」段階で行うべきこと
02 目的の確立が何より大切
03 社内ヒアリングや情報収集を行う
04 社外ヒアリングで手法を探る
05 手法を企画書にまとめる
06 社内での共通認識を確立する

■第2章 発注・見積り——Web制作会社を見極める
01 見積り・発注の流れ
02 Web制作会社へのプレゼン
03 見積書・企画書の提出を求める
04 見積書・企画書のチェックポイント
05 Web制作会社選定のポイント
06 社内の決裁を得る
07 契約書を取り交わす

■第3章 制作——円滑なプロジェクト管理を行う
01 プロジェクト管理
02 制作ガイドラインの策定
03 制作ガイドライン① コンテンツページの構造
04 制作ガイドライン② システム設計
05 制作ガイドライン③ 制作ルール
06 制作ガイドライン④ デザインルール
07 制作ガイドライン⑤ 表記統一
08 制作ガイドライン⑥ アーカイブ管理
09 制作ガイドライン⑦ サーバ選定
10 Webサイトの実制作
11 社内・社外スタッフとのコミュニケーション
12 Webサイトの公開前に決めておくべき事柄

■第4章 ソーシャルメディア——Webサイトとの連動による相乗効果
01 ソーシャルメディアの効用
02 主なソーシャルメディアの特徴
03 ソーシャルメディア活用の準備
04 ソーシャルメディア活用のコツ

■第5章 運用・効果測定——Webサイトは公開してからが本番
01 運用の重要性
02 運用ルールを決める
03 外部の専門家を活用するには
04 運用チームを作る
05 運用のルーティンワーク
06 効果の測定とデータを考えるポイント
07 測定結果を受けた対策

巻末:用語索引
執筆者プロフィール