MdNの本

すべての人に知っておいてほしいPhotoshopの基本原則 CC/CS6対応版

すべての人に知っておいてほしいPhotoshopの基本原則 CC/CS6対応版

すべての人に知っておいてほしいPhotoshopの基本原則 CC/CS6対応版

全デザイナー必携ツールを基本からマスターする! グラフィック制作で求められるPhotoshopの核心を一冊に。

フレア 編著
B5変形判 / 224P
ISBN978-4-8443-6435-1 / 価格(本体2,500円+税)
2014年08月25日発売

Photoshopの代表的な機能である選択範囲、色調補正、レイヤー、フィルタ、ブラシの使い方から、画像を加工・補正してひとつの作品に仕上げていく画像処理の活用まで、基本的な知識、原則となるルール全般をまとめた一冊です。 環境設定やインターフェイス、カラーモード、ファイルの保存形式などといった基礎知識はもちろん、効率のよい使い方、注意すべきポイントまでをていねいに解説。Photoshopを活用した作品づくりを行ううえで知っておきたい事柄を網羅しました。デザインに関わるすべての人に知っておいてほしい、現場の仕事に必要な知識や技術がこの一冊に凝縮されています。 またChapter6では、第一線で活躍しているクリエイター諸氏の作品を紹介し、そのグラフィックの作成手順を解説。個性あふれるクリエイターの作品がどのような要素で構成されているのかを学ぶことができます。 本書は、2011年にCS5対応として刊行した人気書籍の改定版です。現在主流のCS6およびCC、そして最新バージョンのCC(2014)に対応しています。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本
















目次

クリックすると開きます

【目次】
はじめに
本書の使い方

特集 Photoshop CS6/CC/CC 2014の新機能

01 Adobe Creative Cloudとは
02 インターフェイスの強化と新機能
03 ツールの強化と新機能
04 フィルター・その他の強化と新機能

Chapter 1 作業環境と基本操作

1-01 デジタル画像を理解する
1-02 環境設定を整える
1-03 インターフェイスを理解する
1-04 カラーモードと解像度の基本
1-05 ファイルの保存形式
1-06 画像処理の基本操作1 傾きの補正とサイズ変更をする
1-07 画像処理の基本操作2 選択範囲の基本を押さえる
1-08 画像処理の基本操作3 切り抜きとトリミングの基本
1-09 画像処理の基本操作4 レイヤーのしくみを知る
1-10 画像処理の基本操作5 グラデーションの基本を知る
Exercise 基本的機能で曇り空を晴天にする
Column 画像リサイズ時の補間形式

Chapter 2 選択範囲

2-01 選択範囲を極めるために
2-02 選択範囲の保存
2-03 クイックマスクで選択範囲を作成・編集する
2-04 パスを使った選択範囲の作成
2-05 カラーチャンネルを利用した選択範囲の作成
2-06 色をもとに選択範囲を作成する
2-07 “境界線を調整...”で複雑な形状を選択する
2-08 選択範囲作成方法を組み合わせて使う
Column “境界線を調整...”→[エッジを調整]の効果
Exercise 複雑な形状を選択して切り抜きコラージュをつくる
Column カスタマイズ機能を活用して作業の効率化を

Chapter 3 色調補正

3-01 色調補正の基本と注意点
3-02 明るさの調整
3-03 コントラストの調整
3-04 シャドウとハイライトの調整
3-05 色相・彩度
3-06 ホワイトバランスの調整
3-07 カラーバランスの調整
3-08 カラーチャンネルの混合による調整
3-09 自然な彩度調整
Exercise デジタルクロスプロセス
Column ハイダイナミックレンジ(HDR)風の画像を作成

Chapter 4 レイヤー

4-01 レイヤーの基本
4-02 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
4-03 テキストレイヤー
4-04 レイヤーと不透明度
4-05 描画モード
4-06 レイヤーマスク
4-07 レイヤースタイル
Exercise さまざまなレイヤー機能を使って画像合成を仕上げていく
Column ベクトル図形を描くシェイプレイヤー

Chapter 5 フィルターとブラシ

5-01 フィルターで与える視覚効果
5-02 ブラシの実践的な利用方法
Exercise フィルターのぼかしを使った立体的ロゴの表現
Column ブラシツールのオプションと便利なショートカット

Chapter 6 実践テクニック
6-01 フィルターを使って表現する深海のイメージ
6-02 カスタムシェイプツールを利用してデザインに有効な素材をつくる
6-03 描画モードを利用して素材の質感を生かすコラージュ
6-04 レイヤーの描画モードを利用してノスタルジックな画像にするテクニック
6-05 ブラシを活用してタッチの違うイラストをコラージュする
6-06 ブラシで演出するグラフィックテクニック
6-07 文字だけで作成する近未来的なイメージのグラフィック
6-08 スクリーントーンを再現したマンガ風ビジュアル
6-09 ドラマチックなオーロラをつくるテクニック
6-10 レイヤースタイルを利用してつくるスタイリッシュフォト
6-11 グラデーションツールを活用した色鮮やかなグラフィック
6-12 きれいなモノクロをつくるテクニック
6-13 肌の質感を残しつつ美しく仕上げるレタッチ

Photoshop CC 2014 キーボードショートカット
さくいん
執筆・作例制作者一覧


関連記事があります

  • Photoshopスキルアップ講座/レイヤースタイルで演出した涼しげな質感表現

    MdN Photoshopスキルアップ講座/レイヤースタイルで演出した涼しげな質感表現

  • Photoshop 現場のトリセツ。

    MdN Photoshop 現場のトリセツ。

  • Photoshopスキルアップ講座/レイヤースタイルでつくるアナログ風の質感表現

    MdN Photoshopスキルアップ講座/レイヤースタイルでつくるアナログ風の質感表現

  • Photoshopプロセスノート/オリジナルのブラシで織り成すロマンチックな世界

    MdN Photoshopプロセスノート/オリジナルのブラシで織り成すロマンチックな世界