MdNの本

プロの絵師に学ぶ水彩塗り上達テクニック

プロの絵師に学ぶ水彩塗り上達テクニック

プロの絵師に学ぶ水彩塗り上達テクニック

厚塗りやブラシ塗りに水彩を加えれば、キャラがもっと可愛くなる! ライバルに差をつける水彩塗りの上手な取り入れ方をプロ絵師が伝授

B5判 / 144P
ISBN978-4-8443-6451-1 / 価格(本体2,000円+税)
2014年09月12日発売

塗りのボーダレス時代到来!! 今時のイラストは、ひとつの塗り方だけじゃ描けない。厚塗りやブラシ塗りイラストに水彩塗りのテイストを取り入れれば、イラストに深みが増し、キャラがもっと可愛く仕上がる。ライバルに差をつける水彩塗りの上手な取り入れ方を、描画技術に定評のあるプロの絵師が大公開! PART1では、キャラを水彩塗りするときの基本となる手法を、水彩塗りに定評がある水溜鳥氏のイラストを手本に詳しく解説しています。 PART2では、水彩テイストをうまく活かしたイラストが魅力的な、第一線で活躍中の3人の技巧派プロ絵師(とりのあくあ氏、おにねこ氏、今野隼史氏)が、個性豊かな塗りのスタイルを大公開。貴方のイラストに水彩塗りをうまく取り入れて、新たな塗りのスタイルを見つけ出そう! ◆PART1 水彩塗りの基本  水溜鳥(水彩塗り) ◆PART2 水彩風イラストテクニック  とりのあくあ(厚塗り、ブラシ塗り、水彩塗りの融合)  おにねこ(水彩のタッチを活用する厚塗り)  今野隼史(厚塗りと水彩塗りの複合)

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本
















目次

クリックすると開きます

【目次】
PART 1 水彩塗りの基本
水溜鳥
『水彩塗り』とは
『水彩塗り』で使うツール
『水彩塗り』の基本を実践する
『水彩塗り』の仕上げ方
『水彩塗り』を実践するときの失敗例

PART 2 水彩風イラストテクニック
とりのあくあ(厚塗り、ブラシ塗り、水彩塗りの融合)
LESSON1 イラストの構想を練る
1-1 ラフ描きから下塗りまで
LESSON2 キャラクターの着色
2-1 顔を描き込む
2-2 髪の着彩
2-3 肌の着彩
2-4 服の装飾を施す
2-5 体をパーツごとに整える
2-6 装飾品を細かく描き加える
LESSON3 背景の着色
3-1 しゃぼん玉を描く
3-2 樹と枝を描き込む
3-3 球体を描き込む
LESSON4 透明感を与える最終調整
4-1 幻想的なイメージに仕上げる 

おにねこ(水彩のタッチを活用する厚塗り)
LESSON1 下準備
1-1 下塗りをする
LESSON2 背景を塗る
2-1 葉を描く
2-2 オブジェクトを描く
2-3 全体の色を調整する
LESSON3 人物を塗る
3-1 下準備をする
3-2 顔を着彩する
3-3 髪を着彩する
3-4 髪飾りを描く
3-5 上半身を描く
3-6 下半身を描く
3-7 全体を調整する
3-8 羽を描く
LESSON4 空気感のある仕上げをおこなう
4-1 美しく輝く画面を作る

今野隼史(厚塗りと水彩塗りの複合)
LESSON1 下塗り
1-1 イラストのイメージを固める
LESSON2 人物を塗る
2-1 光を受けた髪の表現
2-2 正面を見ている目の塗り方
2-3 光に照らされる肌を塗る
2-4 さまざまな質感の衣装を塗る
2-5 金属製の装飾品を塗る
LESSON3 背景を塗る
3-1 バランスよく石畳を塗る
3-2 鉄製のポールを塗る
3-3 遠くの背景を塗る
LESSON4 色合いの微調整と仕上げ
4-1 イラスト全体の光の表現
4-2 イラストの質感を整える 



関連記事があります

  • 【4コママンガ】がんばれ!ぱっちちゃん

    グラフィック 【4コママンガ】がんばれ!ぱっちちゃん

  • [デザイン素材集 アトリエ]でつくるマスキングテープ

    グラフィック [デザイン素材集 アトリエ]でつくるマスキングテープ

  • ザ・対談/白根ゆたんぽ×今井トゥーンズ イラストレーター2.0

    インタビュー ザ・対談/白根ゆたんぽ×今井トゥーンズ イラストレーター2.0

  • イラストを描く!その制作手法のすべて

    MdN イラストを描く!その制作手法のすべて

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)