MdNの本

3216101002: MdN 2017年2月号

mdn

MdN2017年2月号/VOL.274/1月6日発売

価格 1,380円+税 ※電子版の価格は販売ストアにて

前号 「MdN2017年1月号」の詳細はこちら   バックナンバーはこちら

FEATURE ARTICLE 1
キャラの声をフォントで表現する方法

はっきりと主張する声、か細く気取りづらい声、弾む声、震えるような声。 バラエティ豊かなアニメキャラクターの「声」は、声優がそのキャラクターの性格や特徴を汲み取りつつ、シーンに合わせて高度に表現をしています。それを文字で再現できたら、きっと面白いはず。


この特集は、キャラクターの「声」を、多様な日本語書体と文字組みの技術を使って視覚的に再現できるのだろうか、という実験企画。そのために声の専門家に話を聞いたり、書体や文字組みの知識を総動員していきます。


はたして、キャラクターの声を視覚化する方法/メソッドを探り出すことはできるのでしょうか。

covermdn

[画像をクリックすると大きくなります]

特集:キャラの声をフォントで表現する方法

今月のMdNは、アニメのキャラクターの声を「フォント」と「文字組み」を駆使していかに再現するかという実験企画。その手法をメソッド化することはできるのか?


mdnpage

表紙連動企画:アニメ「同級生」のワンシーンを文字で視覚化!

中村明日美子原作、中村章子監督によるアニメーション「同級生」のシーンを、フォントと文字組みで再現。佐条(CV 野島健児)と草壁(CV 神谷浩史)の掛け合いが字から聞こえてくる……?


mdnpage

mdnpage

人気アニメ5作品、キャラクターの声を見るビジュアル・ギャラリー

人気アニメ作品5作品のキャラクターの台詞を視覚化! 印象的なシーンがフォントと文字組みで蘇ります。

ユーリ!!! on ICE/黒執事 Book of Circus/田中くんはいつもけだるげ/天元突破グレンラガン/昭和元禄落語心中


mdnpage

mdnpage

声の専門家に聞いてみる! 声を視覚化するメソッドのヒント!?

音声や話し方には、どんな情報が含まれているのだろう。まずは声を視覚化するためのヒントを、さまざまな方法で「声」に関わる3人の専門家に話を聞きに行ってみました。


mdnpage

mdnpage

声を視覚化するメソッド〈予告編/基礎編/応用編〉

声の大きさは? スピードは? 声質や抑揚は、文字で表現できるのか。フォントと文字組みの知識を総動員して、17のメソッドとコラムで声を視覚化するメソッドを探ります。


mdnpage

mdnpage

mdnpage

mdnpage

―予告編―

00 声のボリュームと力強さをフォントと文字サイズに置き換える


―基礎編―

01 会話のスピード感を字間で制御する
02 フォントに長体・平体をかけてスローモーションと早送りを表現
03 パスに沿わせて話し方の抑揚をつける
04 改行の使い方で、話の呼吸とリズムを描く
05 シンプルな声と、情報量の多い声を表現するフォントの使い分け
06 明るく抜けのいい声と落ち着いた声を「ふところ」の広さで選ぶ
07 かわいさ、優しさが表現できる丸ゴシック体
08 ちょっと変わった特徴や個性が表れた声たち


―応用編―

09 ひそひそ声とウィスパーボイスのニュアンスの違いを再現
10 硬質できらびやかな声としっとりした情感のある声をディテールで伝える
11 文字だけで表せない激情や特殊な性質の声をテクスチャで表現する
12 弾むような楽しさ、幸福感が伝わるような声の再現
13 ノイズや震え、ざらつきを含む声の表現
14 メソッドの組み合わせでシチュエーションを表現する 1
15 メソッドの組み合わせでシチュエーションを表現する 2
16 メソッドの組み合わせでシチュエーションを表現する 3

日本語はどのように今の形になったのか? 話しことば、書きことばの歴史

文字のない時代から現代まで、私たちはどのような工夫を重ねて言葉を記してきたのだろう。日本語学を研究する今野真二教授に話をうかがい、奥深い日本語の歴史の中から、話しことばと書きことばの関係を探っていきます。


mdnpage

訂正とお詫び



mook

MdN EXTRA Vol.4
エフェクト表現の物理学
爆発+液体+炎+煙+魔法を描く イラストからアニメまで


実写やアニメーションなどの分野で知られるビジュアル・エフェクト。「爆発」「液体」「炎」「煙」「魔法」などの視覚効果演出のことを指します。


本ムックでは、アニメにとどまらず、イラストや漫画なども含め、エフェクト表現=「爆発」「液体」「炎」「煙」「魔法」の描き方、楽しみ方を解説・紹介していきます。エフェクトの名手たちのインタビューも充実。エフェクトに興味がある人なら保存版のムックです。


詳細はこちら

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS