MdNの本

2016 世界でいちばん美しい印象派カレンダー

2016 世界でいちばん美しい印象派カレンダー

2016 世界でいちばん美しい印象派カレンダー

絵画としても楽しめる迫力の大画面

MdN編集部 編
A2変形判 / 26P
ISBN978-4-8443-6535-8 / 価格(本体1,600円+税)
2015年09月18日発売

2016年は各月1枚にフルサイズで絵画が収まった迫力の大画面(500×450mm)カレンダーであり、日本人にもよく知られている印象派作品、13点を厳選しています。 その中でも、クロード・モネの作品「かささぎ」「昼食」「日傘の女(左向き)」や フィンセント・ファン・ゴッホの「オーヴェール・シュル・オワーズの教会」、ポール・セザンヌの「レスタックから望むマルセイユ湾」などは、印象派の画家達が、チューブ絵の具によってつくられる凹凸まで利用して試みたさまざまな表現を見た目で体感できるでしょう。 リビングルームや書斎、会社の応接室などインテリアとしてもオススメです。  また、2016年来日予定の「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」「田舎のダンス」も収録しています! 1月:クロード・モネ「かささぎ」 2月:ポール・ゴーギャン「白い馬」 3月:フィンセント・ファン・ゴッホ「オーヴェール・シュル・オワーズの教会」 4月:オーギュスト・ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」 5月:クロード・モネ「昼食」 6月:オーギュスト・ルノワール「田舎のダンス」・「都会のダンス」 7月:クロード・モネ「日傘の女(左向き)」 8月:ポール・セザンヌ「レスタックから望むマルセイユ湾」 9月:アルフレッド・シスレー「モレ・シュル・ロワンのポプラ並木」 10月:ジャン=フランソワ・ミレー「落ち穂拾い」 11月:エドガー・ドガ「エトワール」 12月:ウィリアム・ブーグロー「ヴィーナスの誕生」

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本
















カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)