MdNの本

 物理表現のイラスト描画

物理表現のイラスト描画

試し読み
物理表現のイラスト描画

平井 太朗 著
B5判 / 160P
ISBN978-4-8443-6667-6 / 価格(本体2,000円+税)※電子版の価格は販売ストアにて
2017年05月16日発売

イラストやマンガのシーンの脚色には欠かせない、爆発や炎、煙、雲、水といったエフェクト表現を、よりリアルで意味あるものとして描くには、原理を知って描くのがいちばん! 身近な現象はもとより、想像でしか描けない巨大爆発なども、その理屈や仕組みを知っていれば、おのずと想像を膨らませて描くことができるようになります。本書は、見る人に訴えかける表現力をイラストに与えるための基礎知識を図解でわかりやすく伝授しています。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本
















目次

クリックすると開きます

【目次】
Contents

Introduction
Lesson 01 炎
1-1 炎の仕組み
燃えるために必要なもの
燃える仕組み
燃料による燃え方の違い
1-2 炎の描き方
背景としての炎
動きを表す炎
建物の火災
車の火災
ロケット発射時の炎と煙
火炎放射器
戦車の発砲
戦艦の発砲
ミサイル
マズルフラッシュ
Lesson 02 爆発
2-1 爆発の仕組み
燃える爆発
破裂する爆発
原子が本来持っている
エネルギーの解放による爆発
2-2 爆発の描き方
炎の量が少ない爆発
炎を伴う爆発
石油タンクなどの爆発
超爆発(核分裂反応を伴う爆発)
山肌を崩す爆発
車の爆発
室内の爆発
ビルの内部からの爆発
ビルにミサイル着弾
魚雷の着弾/爆発
ナパーム弾の爆発
フィクション爆発
Lesson 03 煙
3-1 煙の仕組み
煙って何者?
煙は見えない
3-2 煙の描き方
煙草の紫煙/線香の煙
煙突から出る煙
SL(蒸気機関車)の吐く煙
室内に充満する煙
Lesson 04 雲
4-1 雲ができる仕組み
雲と湯気
雲の発生のメカニズム
雲の種類と高度
4-2 雲の描き方
積雲(せきうん)
層積雲(そうせきうん)
高積雲(こうせきうん)
乱層雲(らんそううん)
巻雲(けんうん)
Lesson 05 川
5-1 川の成り立ち
川が生まれるところ
川の流れ
川の流域と岩石の大きさ
5-2 川の描き方
上流域の川
中流域の川
下流域の川
Lesson 06 火山
6-1 火山と噴火の仕組み
火山の成り立ち
溶岩の粘度と火山の形
火口の形
6-2 噴火の描き方
溶岩噴出(マグマ噴火)
火山の破裂による爆発(水蒸気爆発)
溶岩+火山の破裂(マグマ水蒸気爆発)
Lesson 07 水
7-1 水の力と重力
表面張力と分子間力
水が分散するのはなぜ?
7-2 水の描き方
ホースから飛び出す水
バケツでぶちまけた水
ものが落ちたときの水面

Lesson 08 空気・風
8-1 空気の重さと重力
重力って何?
空気と重さの関係
重力と落下
8-2 空気・風の描き方
風になびく髪
風に揺れる服
落ち葉の舞
はためく旗
風で動くカーテン
風に流される煙
Lesson 09 車
9-1 車の動き
カーブを曲がる車の動き
車に乗っている人が受ける力
慣性って何?
慣性と遠心力
9-2 車の動きを描く
スライドする車
事故を起こした車
Lesson 10 天体
10-1 天体の仕組み
天体って何?
星は燃えている
夜空の星雲
流れ星の正体
彗星の正体
オーロラができる仕組み
10-2 天体の描き方
夜空(星雲・星・流れ星)
光のカーテン



カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)