MdNの本

Illustratorプロフェッショナルの教科書 デザイン作成とパス・文字を正しく扱う技術

Illustratorプロフェッショナルの教科書 デザイン作成とパス・文字を正しく扱う技術

Illustratorプロフェッショナルの教科書 デザイン作成とパス・文字を正しく扱う技術

本当の使い方、わかっていますか? 押さえておくべき「本当に必要な基本」がわかる!

高野徹 高橋としゆき 共著
B5判 / 224pP / CD-ROM
ISBN978-4-8443-6240-1 / 価格(本体2,800円+税)
2011年12月21日発売

Illustratorはさまざまな分野のプロに使われています。でもIllustratorを使って思い通りのデザインを作り上げるには、ソフトの機能や操作の基礎を理解しておかないと、上手くいかなかったり、無駄に時間が掛かったりするものです。本書の前半では、Illustratorをデザイン作業で使用する際に必要な機能と操作を重点的に解説。これらの機能を理解して操作に慣れることで、パスを使った図形の作成や配色、文字の入力といった、デザインを行う上でのオペレーション技術を身に付けることができます。それを踏まえて、後半はケーススタディとして、デザインの現場で制作される具体的な作例を挙げ、その制作方法をステップバイステップ方式で解説しています。作例の手順を追うことで、デザインを作成する流れを確認しながら、必要な操作や最新の機能を使用したテクニックをわかりやすく学ぶことができます。後半の作例データは付属CD-ROMに収録。
これからIllustratorを使ってプロの技術を磨こうとするビギナーの方の教科書としてはもちろん、すでに現場で使用している方にも効率的なデザイン作成の参考となる、すべてのユーザーに送る必携の一冊です。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本










目次

クリックすると開きます

【目次】
CHAPTER01グラフィック作成の基本

01Illustratorのデータ特性
02印刷用データの作成
03Web用のデータ作成


CHAPTER02Illustratorの基本

01Illustratorの環境設定
02Illustratorの機能
03新規ドキュメントの作成
04カラーの設定


CHAPTER03パスとオブジェクト

01パスの操作
02描画ツール
03線の設定
04複合パスとパスファインダー
05オブジェクトの変形
06塗りや線の加工
07Illustratorでのビットマップの取り扱い


CHAPTER04Illustratorによる組版

01版面設計
02文字設定
03段落設定
04文字ツールによる文字の入力
05文字入力に関する便利な機能
06アピアランスを使用した文字処理


CHAPTER05デザインパーツ

01立体ボタンを作成する
02シームレスなパターンの作成
03アピアランスとレイヤーで地図を効率的に作る
04パターンブラシを使ったエレガントなフレーム
05立体的な階層グラフをグラフツールで作る
06落書き効果で作る刺繍風のロゴ
073D効果で作る立体的なロゴ
08アピアランスを活用して作る透明感のあるロゴ
09Photoshop効果で作るかすれたロゴ
10アートブラシで作るリボンのようなロゴ


CHAPTER06ポスター、チラシ

01ライブトレースを利用した中吊りポスター
02タイポグラフィが印象的なポスター
03イラストとオリジナルフォントで作るDM
04情報密度が高いチラシレイアウト


CHAPTER07エディトリアル

01旅行雑誌の誌面レイアウト
02複数の情報を均等に扱う誌面レイアウト
03切り抜き写真で構成された商品紹介ページ
04グラフと表組みを使用したIR情報ページ


CHAPTER08Webデザイン

01Web用の立体ボタンを作成する
02吹き出し形状のタブを効率的に作る
03Flashサイトのベースとパーツを作成する
04スライスを使ったパーツの書き出し

CHAPTER09パッケージ

01オブジェクトと写真が絡むCDジャケット
02商品パッケージのデザイン
03飲料のボトルに貼り付けるタックラベル
04インパクトのある文字処理のスイングPOP
05スクリーン印刷を使用する2色刷りカレンダー

目的別索引
用語索引