デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

UQ、2.5GHz帯新規周波数の割当獲得でより高速な通信サービス「WiMAX 2+」を提供へ

ニュース

UQ、2.5GHz帯新規周波数の割当獲得でより高速な通信サービス「WiMAX 2+」を提供へ


UQ、2.5GHz帯新規周波数の割当獲得でより高速な通信サービス「WiMAX 2+」を提供へ

UQコミュニケーションズ株式会社は29日、2013年6月24日に総務省へ申請していた「特定基地局開設計画」が認定されたと発表した。これにより、2.5GHz帯において新規割当てを受けた20MHzと、現在使用している30MHzを合わせた連続50 MHzの周波数を用いる、高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」が提供可能になるという。

同発表によると、2013年10月末には、現在の40 Mbps より大幅に高速化する110Mbpsで「WiMAX 2+」サービスを開始するとしている。その後、複数の周波数チャンネルを束ねた広い帯域を用いる「キャリアアグリゲーション」や法令改正が前提となる「256QAM変調方式」、複数アンテナによる空間多重技術「8×8MIMO」という高度化技術の導入によって、2017年には下り1Gbpsというモバイルブロードバンドサービスの提供を目指すという。

また、「WiMAX 2+」のエリアについては、既存のWiMAXエリアに「WiMAX 2+」エリアを重ねる形で拡大するという。「WiMAX 2+」のサービス開始後も、両方を利用できる端末の提供によって両サービスのシームレスな切替を実現するとしている。

UQ社の2.5GHz帯における20MHz追加割当に関しては、競合していたソフトバンクグループの孫正義氏が総務省に対して「天下りによる密室会議」などと直接批判したり、自身のTwitterアカウントで怒りのツイートを投稿する一幕もあった。

発表資料
発表資料

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース