デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

JPRS、「都道府県型JPドメイン名」に日本語ラベルを導入

ニュース

JPRS、「都道府県型JPドメイン名」に日本語ラベルを導入

JPRS、「都道府県型JPドメイン名」に日本語ラベルを導入

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は、登録管理を行う「都道府県型JPドメイン名」で、全国47都道府県の名称部分(都道府県ラベル)を日本語で登録できるようにしたことを発表した。「都道府県型JPドメイン名」は「△△△.tokyo.jp」のように、セカンドレベルドメインに全国47都道府県名が含まれる。この都道府県名の表記はこれまでASCIIラベル(アルファベット)のみを使用できたが、今回の対応により、「△△△.東京.jp」のような日本語表記も申請可能となった(参照URL:http://jprs.jp/about/jp-dom/prefecture-idn2ld.html)。

今回の日本語2LD対応により、「都道府県型JPドメイン名」では「△△△.<都道府県(ASCII)>.jp」と「△△△.<都道府県(日本語)>.jp」が存在する可能性が発生する。その状況での混乱を防止するため、一方のドメイン名が既に登録されている場合、他方の登録には登録者および管理指定事業者が双方で一致していることが必要。既存の「△△△.<都道府県(ASCII)>.jp」の登録者は、「△△△.<都道府県(日本語)>.jp」を第三者に登録されることがない。双方に登録がなく新規の申請が可能な文字列を含め、登録日や有効期限は個別に設定され、どちらか一方のみを登録することも可能。双方を登録後には単独でのドメイン名の移転も可能となる。

JPRSでは既に2014年11月3日(月)より登録申請の受付を開始しており、登録サービスを取り扱う指定事業者の一覧確認や、希望のドメイン名が申請可能であるかの検索にも特設Web上で対応(URL:http://都道府県型.jp/)。なお、各種登録申請は全て指定事業者を通して行われるため、サービスの取り扱いや登録申請受付スケジュールは各指定事業者によって異なる場合がある。

株式会社日本レジストリサービス「都道府県型JPドメイン名」
株式会社日本レジストリサービス「都道府県型JPドメイン名」

株式会社日本レジストリサービス
URL:http://jprs.co.jp/
2014/11/04

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース