デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

みんな全然マイナンバー申請していないことが判明、交付申請者は僅か14%

ニュース

みんな全然マイナンバー申請していないことが判明、交付申請者は僅か14%


みんな全然マイナンバー申請していないことが判明、交付申請者は僅か14%

株式会社VSN調べ
株式会社VSN調べ

人材サービスの株式会社VSNは8日、「マイナンバー対応に関する調査」を発表した。本調査は、インターネットリサーチで全国の20~60代の男女、計1111名を対象に実施された(調査期間2015年11月27日~11月30日)。

資料によると、マイナンバーの通知が届いてから、中身を確認した人は90%で、個人番号カードの申請を既に済ませた人は14%だけだった。国民全員に割り振られる12桁番号のマイナンバーとしては、1割の人が通知を確認せず、9割に近い人が未申請という、前途多難な状況が明らかになった。

ほかにも、マイナンバーのメリットについての設問では、「公的な身分証明書」が約40%、「住民票など各種証明書をコンビニなどで取得」が約20%となっている。その両方で機能するのが個人番号カード。e-Taxなどの電子申請などができる電子証明書が標準搭載されるほか、コンビニで印鑑登録証明書・住民票などが取得できるなど、使い勝手の良いカードとなっている。しかし、アンケートの回答では、約3割が「個人番号カードを作るメリットがない」と回答しており、人によっては恩恵を感じないからこそ、申請が進まないという現状に繋がっていることがわかった。

株式会社VSN調べ
株式会社VSN調べ

株式会社VSN調べ
株式会社VSN調べ

発表資料
URL:http://www.vsn.co.jp/news/20151208.html
2015/12/09

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース