デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ブラザー、HMD「エアスカウター」のタフコンセプトモデルを発表

ニュース

ブラザー、HMD「エアスカウター」のタフコンセプトモデルを発表

ブラザー、HMD「エアスカウター」のタフコンセプトモデルを発表

AiRScouterのタフコンセプトモデル
AiRScouterのタフコンセプトモデル

ブラザー工業株式会社は、業務用ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter(エアスカウター)」において、防塵・防水・耐衝撃性能に優れたタフコンセプトモデルを開発したと発表した。

同社は、2015年7月に、画像の見やすさや自然な装着感といった特長を持つ「AiRScouter WD-200A」を発売した。今回のコンセプトモデルは、建設業界など堅牢性が求められる場面や、水分やホコリが多い屋内外での活用を想定したもので、防塵・防水・耐衝撃性能を大幅に強化している。

IP65相当の防塵防水性能を持ち、使用後に水洗いも行える。画面の位置を自在に操作できるフレキシブルアームやピント調整用のダイヤルを、グローブや手袋を装着したままでも操作しやすい形状にした。コントロールボックスのボタンも押下しやすい大きさになっている。独自のアタッチメントにより、さまざまなヘルメットへの装着が可能で、メガネやゴーグルの上からでも使用できる。

同社は同コンセプトモデルを、1月13日〜15日に東京ビッグサイトで開催される「第2回 ウェアラブルEXPO」に参考出品する予定だ。



twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース