デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ドラクエ30周年でUSJに新アトラクションが登場!? 発表会で新情報が続々

ニュース

ドラクエ30周年でUSJに新アトラクションが登場!? 発表会で新情報が続々


ドラクエ30周年でUSJに新アトラクションが登場!? 発表会で新情報が続々

「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」イメージ © ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」イメージ
© ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.

株式会社スクウェア・エニックスは、同社の人気タイトル「ドラゴンクエストシリーズ」について、30周年を迎える2016年に様々なイベントを行うことをニコニコ生放送とYouTube Liveで発表した。

発表会はドラクエの初期の地図をモチーフにしたMAPで進行された。まずは1月28日発売の「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」の情報。冒頭ではプロデューサー・藤本則義が無事に発売予定日にリリースできることを報告。竜王に支配された大地を自分流に復活させるというゲームで、内容としてはRPGの要素に自由に遊べる砂場遊びの要素が加わったものになるとしている。ブロックで表現された広大な世界で壊して作って、作り直して遊ぶことができる。ゲームの操作感や雰囲気を味わえる体験版は1月22日にプレイステーション4、プレイステーションVitaのプラットフォームで公開される。

「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」 © 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」
© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

続いて3月24日発売予定の「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」(ニンテンドー3DS用)プロデューサー・犬塚太一が登壇。スカウターのような、世界をサーチする近未来的な機器と緑豊かな浮島などの自然が溢れる世界観、全てのモンスターに乗れる「ライド」が可能なことが明かされた。乗れるモンスターはスライムから巨大なモンスターまで500種類以上。乗り方もタンデムだったり、頭の上にのったりとモンスター別で様々となっている。こちらも3月上旬を目処に体験版がリリースされる。

「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」 © 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」
© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゴールデンウィーク後の5月13日〜15日には、30周年記念プロジェクトの第1弾として、リアル脱出ゲームとコラボした「竜王迷宮からの脱出」を開催(幕張メッセ・展示ホール4〜7)。ドラクエの世界をリアル体験しながら、謎解きに挑み、竜王打倒を目指す。参加は1人から可能だが、会場では4人パーティとなって行動する。職業は戦士、魔法使い、僧侶、遊び人から選べ、冒険の書に全ての印を集めた者だけが竜王の城へと進むことができる。

© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

なぜか会場にいた芸人の狩野英孝が回答
なぜか会場にいた芸人の狩野英孝が回答

そして、5月27日の30周年当日には記念タイトル「ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり」が発売される(PlayStation4、PlayStation3、PlayStationVita対応)。本作のゼネラルディレクター堀井雄二氏によると、前作よりもキャラクターやストーリー面で強化されているので、期待して欲しいとのこと。なお、詳細情報は2月1日発売の週刊少年ジャンプで解禁となる。

堀井雄二氏
堀井雄二氏

夏に向けては「ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー」が登場。こちらはゲームセンターなどのアミューズメント向けのアーケードカードゲーム機で、6月以降に順次稼働予定となっている。筐体には、ドラゴンクエスト5のドラゴンの杖をイメージしたスキャナーが設置され、カードをスキャナーで読み取って遊ぶことができる。また、カードは大中小が揃い、モンスターの気に入ったポーズを指定してプリントアウトすることもできる。

「ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー」 © 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/Marvelous/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー」
© 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/Marvelous/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

7月〜8月は記念プロジェクト第2弾「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」を開催。「横浜アリーナ」「さいたまスーパーアリーナ」「大阪城ホール」「日本ガイシホール」「マリンメッセ福岡」を回る全国40万人動員のプロジェクトで、ドラクエ3がテーマになったステージやいろいろな人気キャラクターがでるのではとの情報が公開された。なお、本プロジェクトは日本テレビが中心となっていて、詳細は1月20日19時56分からの「1 億人の大質問!?笑ってコラえて!」緊急生放送で明らかとなる。

「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」 © ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」
© ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.

7月スタートのイベントはもう一つ。7月下旬〜9月中旬に渋谷ヒカリエで開催される記念プロジェクト第3弾「ドラゴンクエスト ミュージアム」。展示会スタイルでドラクエの世界に浸ることができる。本物の鍛冶職人が作った剣盾鎧のロト装備フルセットの展示やモンスターと触れあえる?「モンスターパーク」などが公開される。

「ドラゴンクエスト ミュージアム」イメージマップ © ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエスト ミュージアム」イメージマップ
© ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.

そして記念プロジェクトの第4弾はユニバーサルスタジオジャパンとのコラボ企画を発表。公開時期や内容の詳細は明らかにできないとしながら、堀井雄二氏が「一種のアトラクションぽいものになるのかも」とポロリ。ドラクエの世界観を再現した、壮大なアトラクションができるのではないかと期待できる。

堀井雄二氏らのユニバーサルスタジオジャパン視察の様子
堀井雄二氏らのユニバーサルスタジオジャパン視察の様子

そしてラストには、ドラゴンクエスト11について言及。堀井雄二氏は、「物語はほぼ全てできあがっている。ドラクエ30周年期間である2016年5月27日から1年間のうちには発売したい」と語り、1時間に及ぶ発表会を締めくくった。

堀井雄二氏(右)
堀井雄二氏(右)

ドラゴンクエスト誕生30周年記念ポータルサイト
URL:http://www.dragonquest.jp/30th/
2016/01/13

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース