デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ANAが国内線機内でWi-Fiサービスを開始、ライブテレビ視聴サービスも提供

ニュース

ANAが国内線機内でWi-Fiサービスを開始、ライブテレビ視聴サービスも提供

ANAが国内線機内でWi-Fiサービスを開始、ライブテレビ視聴サービスも提供

ANA Wi-Fiサービス
ANA Wi-Fiサービス

全日本空輸株式会社(ANA)は、国内線機内において、インターネットサービス「ANA Wi-Fiサービス」を1月25日に提供開始すると発表した。同社はすでに国際線機内においてインターネットサービスを提供しており、国内線でも無料のエンターテイメントコンテンツおよび有料のインターネット接続を提供する。

同サービスでは、国内線では初めて、上空にてテレビ番組を視聴できるサービス「ANA SKY LIVE TV」を提供する。これにより、ユーザー自身のデバイスでリアルタイムでニュースやスポーツ中継を無料で視聴することができる。無料で楽しめるエンターテイメントサービスとして、ビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍や、ANAオリジナル商品を取り扱うショッピングサイト「ANA STORE@SKY」を開設する。

まずは羽田発着の千歳、福岡、沖縄路線を中心にサービスを開始し、2017年度末までに合計約100機にてWi-Fiサービスが利用可能となる予定。「ANA WiFi Service」のロゴが機内入口に添付されている機材が対象で、1月25日時点での対象機材はB777-300型機1機。今後はB777、B787、B767、B737、A320のすべてのクラスで順次提供開始する(Q400型機はビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍サービスのみ)。なお、B737-500型機、B737-700型機は本サービス対象外の機材となる。

有料Wi-Fiサービスの料金は、40分プランが550円、フルフライトプランが1050円。支払いはクレジットカードのみ。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース