デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

海水の水柱を電波アンテナにする新技術「シーエアリアル」を三菱電機が開発

ニュース

海水の水柱を電波アンテナにする新技術「シーエアリアル」を三菱電機が開発

海水の水柱を電波アンテナにする新技術「シーエアリアル」を三菱電機が開発

「シーエアリアル」
「シーエアリアル」

三菱電機株式会社は27日、空中に噴出した海水の水柱をアンテナとして使用できる新技術「シーエアリアル」を開発したと発表した。受信実験では、世界で初めて地上デジタルテレビ放送の送受信を行い、画像を映し出すことに成功している。

本プロジェクトは、数十メートルの大規模アンテナ構造が必要となる、低周波の送受信が可能なアンテナを、より簡易に作れるようにとスタート。自然界に存在する海水を使い、海岸や海上で自由に移動できる大型アンテナの開発を目指した。

適用のイメージ
適用のイメージ

海水アンテナ「シーエアリアル」は、アンテナ送受信部である水柱だけに高周波電流を効率よく流す給電構造(絶縁ノズル)を開発。筒状の絶縁ノズルから海水を噴出することにより、電流が海中に流れることを遮断。十分な太さの水柱を噴出することで、アンテナとして利用するのに成功している。

同社では、今後、従来の低周波用大型アンテナの置き換えやコンパクトさを活かした新事業を展開するとしている。

新開発した給電構造とプロトタイプ
新開発した給電構造とプロトタイプ

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース