デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ISISのTwitterでのテロ勧誘にメス、過激派アカウント12万以上を凍結

ニュース

ISISのTwitterでのテロ勧誘にメス、過激派アカウント12万以上を凍結


ISISのTwitterでのテロ勧誘にメス、過激派アカウント12万以上を凍結



米Twitterは5日(米国時間)、同社のPolicy blogにおいて、テロリストがテロの促進などを行っているアカウント、12万5000以上を停止処分にしたと発表した。

本発表によると、テロリストによるTwitterの利用は、Twitterが定めたルールに反するため、同社では様々な手段を講じてきたとしている。2015年半ばから、Twitter社が停止にしたアカウントは12万5000以上にのぼり、それらの多くはイスラム過激派ISIS(イスラム国)関連のものだったという。ISISのTwitter利用方法は多岐に渡り、テロ支援者や戦闘員の勧誘、脅迫的行動などを行っていた。

発表資料
発表資料

テロリストによるTwitterの利用は、オバマ政権によっても抑制を求められており、同社ではその要請に応えた格好になる。また、TwitterはテロリストとTwitterの繋がりを絶つための活動を止めるつもりはなく、テロリストアカウント監視チームの増員や暴力的でテロリストと関連づけられるようなアカウントを認定するスパム対策ソフトも開発中だ。この活動は徐々に実を結びつつあり、テロリストのTwitter上での活動は減少傾向としている。

同社によると、テロリスト関連のコンテンツをインターネットで見つけ出せるような「魔法のアルゴリズム」は存在しないため、今後もホワイトハウスや英国政府、国連など、世界各国の関係機関と協力し、解決策を模索していくとしている。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース