デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

富士フイルムとハイデルベルグがB1サイズの用紙に対応するインクジェットデジタル印刷機を共同開発

ニュース

富士フイルムとハイデルベルグがB1サイズの用紙に対応するインクジェットデジタル印刷機を共同開発


富士フイルムとハイデルベルグがB1サイズの用紙に対応するインクジェットデジタル印刷機を共同開発

共同開発によるB1対応インクジェットデジタル印刷機(試作機)
共同開発によるB1対応インクジェットデジタル印刷機(試作機)

富士フイルム株式会社 / 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(FFGS)と独ハイデルベルグ社は、B1用紙サイズに対応する新たなインクジェットデジタル印刷機を共同開発した。B1用紙への対応は、シングルパス方式の枚葉インクジェット印刷機としては世界最大(富士フイルム調べ)。このモデルの試作機は、2016年5月31日(火)からデュッセルドルフで開催される世界最大級の印刷機材展示会「drupa 2016」のハイデルベルグ社ブースにて、「Primefire 106」として出展される。

>>>MdNの印刷通販比較サイトTOPへ戻る

富士フイルム株式会社 / FFGSとハイデルベルグ社は、2013年11月よりインクジェットプリンティング分野での業務提携を開始した。販売面の協業やインクジェットヘッドの供給などを進めつつ、2015年1月には“次世代インクジェットデジタル印刷機”の共同開発契約を締結。富士フイルムのインクジェットヘッド技術 / インク技術 / マーキング技術とハイデルベルグの機器開発技術を生かした商品開発が進められてきた。

今回発表されたモデルは、紙器パッケージを中心に、ポスターやカレンダーなどの印刷にも適している。新開発の7色(C/M/Y/K/オレンジ/グリーン/バイオレット)の水性顔料インクが採用されており、食品包装や医薬品の紙器パッケージ向けの安全性も確保された。シングルパス方式での高速印刷を可能にする富士フイルム独自のインクジェットヘッド技術「SAMBA Technology」や、インク中の顔料を高速に凝集させる「RAPIC技術」も搭載。4段階の異なる大きさの点(印刷なし / 小点 / 中点 / 大点)を組み合わせる独自の4階調変調方式により、より滑らかな階調での画像再現も実現されている。今後のスケジュールとしては、「drupa 2016」後に市場テストを進め、2017年後半に発売される予定。

富士フイルム株式会社 / Heidelberger Druckmaschinen AG
URL:http://fujifilm.jp/
2016/02/23

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース