デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

1位は「Python」、プログラミング言語別の平均年収ランキングが発表

ニュース

1位は「Python」、プログラミング言語別の平均年収ランキングが発表

1位は「Python」、プログラミング言語別の平均年収ランキングが発表

プログラミング言語別の平均年収ランキング
プログラミング言語別の平均年収ランキング

株式会社ビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」は、「プログラミング言語別 平均年収ランキング」を発表した。

同ランキングは、スタンバイに掲載されている正社員の求人情報のうち、各プログラミング言語名が含まれる求人情報の給与金額の平均値を集計したもの。同調査によると、1位は「Python」で、平均年収651万円という結果となった。同社によると、「Python」を使用する業務の求人情報には「機械学習エンジニア」「ロボット向けアプリケーション開発」などが見受けられ、第3次AI(人工知能)ブームを受けてさらに需要が高まると見ている。

2位には「Perl」(平均年収633万円)、3位には「Ruby」(平均年収606万円)がランクインした。また、平均年収499万円で8位にランクインしている「Java」は、ランキングのなかでも最多の56000件以上の求人が掲載されており、需要が高い言語であると考えられるという。このほか、2014年に公開されたばかりの「Swift」(平均年収483万円)も9位にランクインしている。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース