デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

日本郵便、宅配ロッカー「はこぽす」の利便性を向上

ニュース

日本郵便、宅配ロッカー「はこぽす」の利便性を向上


日本郵便、宅配ロッカー「はこぽす」の利便性を向上

イメージ図
イメージ図

日本郵便株式会社は、2015年4月から都内の郵便局に設置している宅配ロッカー「はこぽす」について、通販商品以外の利用も可能とするための機能拡大を実施するとともに、他社宅配便の荷物の受け取りも可能とするオープン化の検討や、郵便局以外への設置拡大などを行うと発表した。

機能拡大としては、現在は通販商品の受け取りのみに利用可能な「はこぽす」について、今後は、不在持ち戻りとなったゆうパックの受け取りや、オークションサービスなどで落札した商品の受け取り、買取サービス利用時の商品発送などにも利用可能となるようにする。

導入スケジュールについては、不在持ち戻りとなったゆうパックの受け取りは2016年3月からで、オークションサービス「モバオク」で落札した商品の受け取りが可能となるのが2016年4月から、総合買取サービス「ハグオール」利用時の商品を発送可能となるのが2016年9月となる。

また、一部の「はこぽす」に郵便ポストを組み込み、郵便物などを差し出せるようにするほか、郵便物やゆうパック以外の荷物の受け取りにも「はこぽす」を利用できるように検討を行う。このほか、日本郵便の荷物の受け取りだけでなく、他社宅配便の荷物の受け取りも可能とするオープン化の検討も行う。

現在、「はこぽす」は都内22カ所の郵便局に設置しているが、今後はさまざまな企業・団体と連携し、郵便局以外にも駅や商業施設、コンビニエンスストアなどに設置を拡大する。その第一弾として、京王井の頭線の駅6カ所に設置し、3月中に実証実験を開始する。さらに、首都圏以外にも設置を拡大する。

このほか、現在、「はこぽす」は、24時間窓口「ゆうゆう窓口」が設置されている都内22カ所の郵便局の局舎内に設置しているが、2016年3月以降、「ゆうゆう窓口」が設置されていない駅近くの都内3郵便局の屋外に設置し、24時間受け取りを可能にする。

さらに、コインロッカーに「はこぽす」の機能を追加したロッカー筐体など、多目的に利用できるロッカーをロッカーメーカーと共同で開発・展開する。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース