デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ドコモ、3.5GHz帯を利用して受信時最大340Mbpsのデータ通信に成功

ニュース

ドコモ、3.5GHz帯を利用して受信時最大340Mbpsのデータ通信に成功

ドコモ、3.5GHz帯を利用して受信時最大340Mbpsのデータ通信に成功

今回の試験におけるキャリアアグリゲーションの仕組み
今回の試験におけるキャリアアグリゲーションの仕組み

株式会社NTTドコモは、2月24日に千葉県のフィールド試験実施基地局において、3.5GHz帯を利用したTDD方式とFDD方式のキャリアアグリゲーションの通信試験を実施し、受信時340Mbpsを超えるデータ通信に成功したと発表した。

3.5GHz帯は、2014年12月に総務省から開設計画の認定を受けた新たな周波数で、ドコモは2016年6月に受信時最大370MbpsへPREMIUM 4GTMを高速化させることを目標に、高度化C-RAN技術をベースにTDD方式とFDD方式のキャリアアグリゲーション技術の開発を進めてきた。

同社は2月に屋外環境での通信試験を行っており、このとき受信時340Mbpsのデータ通信に成功したことで、サービス展開後の通信速度の高速化の実現性を確認できた。

今回の3.5GHz帯を利用した受信時最大370Mbpsの通信サービスは、通信トラフィックがひっ迫しているエリアから導入を計画しており、駅周辺や大規模商業施設等の通信トラフィックが多いエリアにおいても、より快適で安定した高速通信を利用可能となる。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース