デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

10の有名な企業ロゴが自社製品の影響を受けるとこうなる

ニュース

10の有名な企業ロゴが自社製品の影響を受けるとこうなる


10の有名な企業ロゴが自社製品の影響を受けるとこうなる

マクドナルドのロゴ
マクドナルドのロゴ

イタリアの工業製品デザイナー、マルコ・シェンブリ(Marco Schembri)による、有名な企業ロゴが、自社製品の影響を受けたらどうなるかという投稿が、デザイナーを中心に反響を得ている。

マクドナルドのエムのロゴはハンバーガーの食べ過ぎで太ってしまい、ウォッカブランドABSOLUTはお酒の飲み過ぎか視界がぼやけてしまっている。また、スターバックスは珈琲で目が冴えてギンギンになり、カミソリのGilletteはロゴが真っ二つに。

それぞれのロゴの変化には、企業の象徴でもあるロゴに、製品の特徴をひっかけたユニークな仕掛けが盛りだくさん。デザイナーの独特な思考の一端が垣間見える出来映えとなっている。

1.マクドナルド
1.マクドナルド

2.ABSOLUT
2.ABSOLUT

3.スターバックス
3.スターバックス

4.ジレット
4.ジレット

5.ジッポ
5.ジッポ

6.durex
6.durex

7.nutella
7.nutella

8.ブラウン
8.ブラウン

9.Nestle
9.Nestle

10.レッドブル
10.レッドブル

BehanceのMarco Schembriのページ
URL:https://www.behance.net/marcoschembri
2016/03/03

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース