デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

水木しげる氏によるパブリックアート「妖怪たちの森」が鳥取県の“米子鬼太郎空港”で公開

ニュース

水木しげる氏によるパブリックアート「妖怪たちの森」が鳥取県の“米子鬼太郎空港”で公開

水木しげる氏によるパブリックアート「妖怪たちの森」が鳥取県の“米子鬼太郎空港”で公開

パブリックアート イメージ
パブリックアート イメージ

公益財団法人 日本交通文化協会は、2015年に亡くなった水木しげる氏によるパブリックアート「妖怪たちの森」を、2016年2月下旬に米子鬼太郎空港(美保飛行場 共用飛行場 / 米子空港)に設置。2016年3月8日(火)10:00〜14:00に、そのステンドグラスの除幕式を含む米子鬼太郎空港リニューアルお披露目式が実施される。「妖怪たちの森」の設置場所は、空港ビル2Fの国内線・国際線出発口前。幅が約10.2m / 高さが約2.8mで、約2600ピースのガラスを用いたステンドグラスとなっている。

同協会では「ゆとりと潤いのある文化的公共空間の創造」を目的に、全国の駅や空港をはじめとするパブリックスペースに、アート作品を制作 / 設置する事業を推進しており、今回のパブリックアート作品は通算513作品目。「妖怪たちの森」は、株式会社水木プロダクションの監修と米子空港ビル株式会社の協力のもと、静岡県熱海市内の工房「クレアーレ熱海ゆがわら工房」で6名の職人が制作した。妖怪達やそれを取り囲む植物の細かな表情は、職人が丹念に絵付けをして表現。専用の絵の具「グリザイユ」でガラスに絵を描き、焼成して定着させる伝統的な技法により、ヨーロッパの伝統と漫画 / 妖怪といった日本的なテーマが作品上で融合している。

■期間:
2016年3月8日(火)
※上記は除幕式が行われる米子鬼太郎空港リニューアルお披露目式の開催日

■開催場所:
米子鬼太郎空港ビル 2F 国内線・国際線出発口前
鳥取県境港市佐斐神町1634

■問い合わせ先:
公益財団法人 日本交通文化協会
url. http://jptca.org/
url. http://www.yonago-air.com/
2016-03-08
open


twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース