デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

本日13時から人工知能と人類の囲碁頂上決戦! YouTubeなどで無料生中継

ニュース

本日13時から人工知能と人類の囲碁頂上決戦! YouTubeなどで無料生中継

本日13時から人工知能と人類の囲碁頂上決戦! YouTubeなどで無料生中継

「囲碁プレミアム」より
「囲碁プレミアム」より

世界で初めて囲碁のプロ棋士を破った人工知能「AlphaGo(アルファ碁)」が、本日3月9日から韓国のソウルで世界最高レベルのプロ棋士、イ・セドルと対戦する。この対戦「Google DeepMindチャレンジマッチ」の様子は、YouTubeや囲碁将棋チャンネル内の「囲碁プレミアム」、ニコニコ動画のインターネット中継で無料視聴できる。対戦は1週間で5戦となる3月9日・10日・12日・13日・15日で、全て13時から開始される。

今回、人類最高の棋士とも称され、囲碁界では“魔王”とも呼ばれるイ・セドルに挑むのは、Google傘下の人工知能開発企業「DeepMind」が開発した囲碁ソフト「アルファ碁」。将棋では既に人工知能がプロ棋士を圧倒しつつあるが、19路×19路で目の数が361もある囲碁では、人工知能が人間を上回るにはまだまだ研究を要すると思われてきた。

ところが、「アルファ碁」は人間の脳にあるニューロン(神経細胞)と同じような機能を有する「ニューラルネットワーク(neural networks)」と、「高度なツリー検索(advanced tree search)」を組み合わせた新技術によって、ヨーロッパチャンピオンにもなったプロ棋士ファン・フイと対戦し、5戦5勝と圧倒した。このニュースは囲碁界だけでなく、テクノロジー界も驚愕させた。最強の人工知能が、世界チャンピオンにも輝いたプロ棋士に挑む世紀の一戦は、囲碁ファンのみならず、世界中の科学者も注目する一戦になっている。

「アルファ碁」がファン・フイに完勝
「アルファ碁」がファン・フイに完勝

スカパーなどで囲碁の対戦などを放送する囲碁将棋チャンネルでは、「囲碁プレミアム」で全対戦を無料生中継する。第1戦は解説に24世本因坊秀芳、聞き手に矢代久美子六段を迎えるなど、全戦解説付きで視聴できる。また、YouTubeもライブストリームで対戦の様子を生中継。こちらは英語と韓国語の解説が聞ける。ニコニコ動画は映像や棋譜は無しでゲストと実況のトークのみが聞ける。

対戦の持ち時間はそれぞれ2時間で、時間を使い切った場合は、60秒の秒読み3回となっている。コミ(先手が後手に対して負うハンデ)は中国ルールでコミ7目半。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース