デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

心拍解析で犬のキモチが色でわかるデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」

ニュース

心拍解析で犬のキモチが色でわかるデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」


心拍解析で犬のキモチが色でわかるデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」

「INUPATHY(イヌパシー)」
「INUPATHY(イヌパシー)」

株式会社イヌパシーは8日、犬のキモチがリアルタイムで分かるウエアラブルデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」を開発し、大手クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を開始したと発表した。

本デバイスは、犬の背中に取り付けて、犬の感情の度合いを色で判別できる犬共感デバイス。キモチを識別するのは、ベルトに内蔵された心拍センサー。心拍変動解析を行い「興奮度合」「喜び度合」「集中度合」の3つのキモチを判別。リラックス時は「ブルー」、興奮時は「レッド」、喜んでいるときは「レインボーカラー」など、背中のLEDランプの光り方で、犬のキモチが分かる仕組みだ。また、心拍データや感情データはINUPATHYクラウドに蓄積され、犬の健康管理・メンタルチェックにも役立つとしている。

同社の発表では、ペットのストレスは増加しており、ペットの犬の25%がうつ状態であるというデータもあるとしている。そのような状況に対し、飼い犬のキモチを知ることで、犬と人との関係を一歩前へ進められるとしている。

価格は、クラウドファンディングの早割価格として149.99ドル(約1万6900円)。

犬がドキドキ状態であることを表すレッド
犬がドキドキ状態であることを表すレッド

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース