デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

デザイン集団TOMATOの結成25周年を記念した大型企画展が渋谷パルコで開催

ニュース

デザイン集団TOMATOの結成25周年を記念した大型企画展が渋谷パルコで開催

デザイン集団TOMATOの結成25周年を記念した大型企画展が渋谷パルコで開催

「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION"O"」
「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION"O"」

2016年3月12日(土)から4月3日(日)まで、パルコミュージアムをはじめ渋谷パルコの館内外にて、「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION"O"」が開催される。世界的に活躍するデザイン集団「TOMATO」の結成25周年を記念したプロジェクト。渋谷パルコ・ミュージアムを中心に、渋谷の街とも連動しながらアート展示やインスタレーションが繰り広げられる。2会場(パルコミュージアム / ギャラリーX)の共通チケットは一般500円 / 学生400円 / 小学生以下無料。時間は10:00〜21:00(最終日は18:00閉場 / 入場は閉場の30分前まで)で、初日のパルコミュージアム / ギャラリーXは16:30閉館となる(最終入場16:00)。

「TOMATO」は1991年にロンドンで発足し、“デジタル世紀の先導者”としてグラフィックやバーチャルメディア / デザインの最先端を走り続けてきた。音楽の分野では、創立メンバーでもあるKarl Hyde氏とRick Smith氏の2人によるエレクトリック・デュオ「Underworld」が在籍。外国人として初めて東京タイプディレクターズクラブの会員になったJohn Warwicker氏や、Work Not Workのファッションブランドも立ち上げているSimon Taylor氏なども在籍している。1996年に公開された映画「トレインスポッティング」のアートワークと音楽で一躍脚光を浴びたが、その「トレインスポッティング」にいち早く注目し、日本公開を行ったのもパルコであり、渋谷であった。

本展は、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビションとしての展開。プロジェクト名の「O(オー)」は、過去と今と未来が終わりなく永遠に続くことを意味し、誰かと誰かの出会いも意味している。展示されるのは、結成から25年間で手掛けてきた商業作品や自身達の作品、チーム内で実験的に制作された作品などで、一般への初公開作品も含まれ、「Underworld」のために制作されたレコードジャケット / グラフィック / 映像 / アートワークなども披露。パルコミュージアムやギャラリーXのほか、階段なども用いて渋谷パルコ全館で展示が行われ、渋谷の街も巻き込んだクリエイティブな世界が展開される。

■期間:
2016年3月12日(土)〜4月3日(日)

■開催場所
メイン会場:パルコミュージアム(PART1・3F)、ギャラリーX(PART1・B1F)
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO

その他会場:シネクイント(PART3・8F)、エントランスホール(PART1・1F)、ステアケースギャラリー(PART1・B1F〜3F階段)、屋外アートジャック(PART1 / 屋外各所)
※その他会場はシネクイントを除き無料

■問い合わせ先:
パルコミュージアム
tel. 03-3477-5873
url. http://www.parco-art.com/
2016-03-12
2016-04-03
event


twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース