デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

バンダイナムコ、「カタログ IP オープン化プロジェクト」を2年間延長

ニュース

バンダイナムコ、「カタログ IP オープン化プロジェクト」を2年間延長

バンダイナムコ、「カタログ IP オープン化プロジェクト」を2年間延長

「カタログ IP オープン化プロジェクト」公式サイト ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
「カタログ IP オープン化プロジェクト」公式サイト
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、2015年4月から実施している「カタログ IP オープン化プロジェクト」を2年間延長すると発表し、新たなオープン化対象タイトルを追加した。

同プロジェクトは、2016年3月末までの期間限定で開始したが、発表当初から反響が大きく、1年間で法人225件、学校22件、個人71件で計318件のエントリーとなった。すでに37タイトルの配信が行われており、ゲームだけでなくさまざまなコンテンツのアイディアも寄せられているという。

同社は今後もさらに多くの人にカタログIPを活用してもらいたいと考えており、このたび2018年3月末までの2年間の企画受付期間延長(作品公開は2020年3月末まで)と、新たに1990年以降発売の4タイトルをオープン化対象タイトルに追加することにした。

追加するのは、「塊魂」「子育てクイズ マイエンジェル」「ことばのパズル もじぴったん」「ミスタードリラー」の4タイトル。同4タイトルは、これまでの17タイトルとは異なり、ゲーム内容などに特許を保有しており、この4タイトルに限っては、その権利も含めてオープン化していく新たな試みとなる。

また、同プロジェクトの公式サイトでは、カタログIPオープン化の詳細説明やエントリー受付を行うとともに、カタログIP活用の参考として、一般の人にも気軽にカタログIPを楽しんでもらうために「パックマン」のゴーストおよびステージをオリジナルで作って共有できるWebサービスや、動画投稿を促進・後押しするためにワルキューレの音声が合成できるWebサービスも公開する。

「カタログ IP オープン化プロジェクト」公式サイト
URL:http://open.channel.or.jp/
2016/03/18

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース