デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ドワンゴ、ジブリ作品で使われたアニメ制作ソフト「Toonz」をオープンソース化

ニュース

ドワンゴ、ジブリ作品で使われたアニメ制作ソフト「Toonz」をオープンソース化


ドワンゴ、ジブリ作品で使われたアニメ制作ソフト「Toonz」をオープンソース化

OpenToonz
OpenToonz

株式会社ドワンゴは、伊DigitalVideoが開発したアニメーション制作ソフト「Toonz」を買収し、同ソフトを元にしたオープンソースソフトウェア「OpenToonz」を3月26日に公開すると発表した。

同ソフトには、スタジオジブリが独自に開発した「Toonz」向けの機能「Toonz Ghibli Edition」が含まれる。「Toonz Ghibli Edition」は、「Toonz」のソースコードをスタジオジブリ社内でカスタマイズしたもので、「借りぐらしのアリエッティ」以降のほぼすべての作品の仕上や色指定、撮影工程で使用されているという。

さらに、ドワンゴの人工知能技術を使ったエフェクトや、誰もがエフェクトを追加できるプラグイン機能も新たに搭載し、同ソフトと同様に無償提供する。

同社は同ソフトの提供を通じて、アニメーション制作に関連するさまざまな研究成果を即座に制作現場に生かせるプラットフォームを作り、学術研究と映像産業が活発に連携できるような環境を提供したいと説明している。

「OpenToonz」特設ページ
URL:https://opentoonz.github.io/
2016/03/22

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース