デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

2016GWの人気急上昇はベトナムのダナンが389%でトップ、定番は台湾の台北

ニュース

2016GWの人気急上昇はベトナムのダナンが389%でトップ、定番は台湾の台北


2016GWの人気急上昇はベトナムのダナンが389%でトップ、定番は台湾の台北

「海外急上昇旅行先ランキング」
「海外急上昇旅行先ランキング」

旅行予約サイトエクスペディアジャパンは22日、2016年のゴールデンウィーク(GW)の予約状況をもとにした、人気旅行先とGWの最新旅行トレンドを発表した。調査期間は2016年1月1日〜3月15日、GWの対象となっている旅行日は4月29日〜5月8日。

2016年のGWは、5月2日(月)と5月6日(金)の平日2日を休みにすれば、4月29日〜5月8日まで続く10連休が可能になっている。また、4月以降は全日空(ANA)や日本航空(JAL)などの燃油サーチャージが0円になるので、旅費が安くなる傾向にある。

海外で人気が急上昇した旅行先はベトナムのダナン。長さ10kmに及ぶ白砂のビーチを誇るリゾート地だ。近隣には山全体が大理石の五行山(別名マーブルマウンテン)などの見所があり、かつて日本人街のあったホイアンや歴史的建造物が並ぶフエなどの世界遺産への拠点としても人気が高い。

2位はアクセスの良さが高まっている中国の特別行政区マカオ。コンパクトな半島内に30カ所の世界遺産があり、日本にはないカジノも人気の的だ。3位は韓国第二の都市である釜山。福岡からならば飛行機で一時間かからないという近さが魅力となっている。

「海外人気旅行先ランキング」
「海外人気旅行先ランキング」

定番の人気旅行先ランキングは1〜4位までが昨年と同じという結果になった。1位は台湾の台北。日本人の口に合った料理や映画『千と千尋の神隠し』の世界観を味わえる九份、世界三大博物館の故宮博物館など、見所が満載だ。2位はタイのバンコク、3位は韓国のソウルで、トップ3は手軽なアジアが占めた。

発表資料
URL:https://welove.expedia.co.jp/press/16594/
2016/03/23

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース