デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

Appleは高級/高性能モデルだけいい、Apple再生のシナリオ

ニュース

Appleは高級/高性能モデルだけいい、Apple再生のシナリオ


2016年11月14日
TEXT:小川 浩(シリアルアントレプレナー)
Appleの株価が冴えない。スマホ市場におけるシェア下落に対する不安も拭えないし、新型MacBook Proの発表も、好材料とはなり得ていない状況だ。

そんな中、AppleはMacの既存機種を軒並み値下げし、iPhoneについても4インチモデルのSEの値下げや認定中古モデルの値下げを発表するなど、潜在ユーザーの購買欲を煽ろうと必死である。

しかし、僕が思うに(本コラムでは長年にわたって主張していることだが)Appleがやるべきことは、乱立しユーザーを混乱させているブランド拡散をやめてシンプルに戻すこと、そして革新的な商品の開発にフォーカスすることだ。

まずブランドの拡散についてだが、例えばiPhoneをとってみると、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SEの3つのブランドがあるが、初めてこの名称を聞いた人は間違いなく 7より7 Plusのほうが上位機種と考えるだろうが、同時に 7 PlusとSEはどちらが上位機種なのかわからないはずだ。

僕ならば、SEは即刻廃止する。全てをiPhone 7としたうえで、iPhone 7 4インチ・4.7インチ・5.5インチ、と画面サイズだけのモデル展開にして、機能的には全て等しくフラットにするべきだ。廉価版は作らず、新型が出るたびに旧型モデルを値下げすればいいし、整備済みの認定中古機種をもっと大々的に売ればいい。SEという別ブランド名は無駄だからすぐやめるべきだ。

また、MacBookもそうだ。MacBookとMacBook Airは同じく軽量薄型のモデルであるが、もはやAirは要らない。MacBookとMacBook Proでいい。製品種類を絞り込み、ブランドをシンプルに保ち、高級・高性能モデルだけにフォーカスするのがAppleの本来の戦略であり、その原点に戻るべきである。

そのうえで、余計な商品開発を控え、リソースをより先進的なプロダクトの開発に振り向けるべきだ。Appleはティム・クック体制になって以来、生み出した新しいプロダクトはApple Watchだけだ。そして、それは未だマニアックな好き者向けの商品に過ぎない。Appleが作るべきは、iOSとSiriを搭載したEVや、スマートテレビなど、新しい市場を再定義するプロダクトなのである。

まとめよう。
Appleはモデル名の乱用(ブランドの拡張)はやめて、シンプルなラインナップに戻して、高級モデルだけを作ればよく、Android搭載の格安スマホと対抗するのは認定中古機や旧型モデルの値引きで対抗すれば良い。そのうえで、一刻も早く市場を仰天させるような新しい領域への進出を図るべきである。それができないのであれば、ティム・クックCEOは後任を早く探すべきだ。
[筆者プロフィール]
おがわ・ひろ●シリアルアントレプレナー。著書に『ビジネスブログブック』シリーズ(毎日コミュニケーションズ)、『Web2.0BOOK』(インプレス)、『仕事で使える!「Twitter」超入門』(青春出版社)、『ソーシャルメディアマーケティング』(ソフトバンククリエイティブ/共著)などがある。


●twitter:http://www.twitter.com/ogawakazuhiro

●facebook:http://www.facebook.com/ogawakazuhiro
twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース