デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ルミネ館内を飾るアートの公募「LUMINE meets ART AWARD 2016」の受賞作品の展示がスタート

ニュース

ルミネ館内を飾るアートの公募「LUMINE meets ART AWARD 2016」の受賞作品の展示がスタート


グランプリ作品 織晴美氏 ウィンドウ部門「I am Here @ Lumine」

グランプリ作品 織晴美氏
ウィンドウ部門「I am Here @ Lumine」

2017年1月10日(火)から2月1日(水)まで、ルミネ新宿やルミネエスト新宿などに、「LUMINE meets ART AWARD 2016」の受賞作品が展示される。「LUMINE meets ART AWARD 2016」は、株式会社ルミネの主催による若手アーティストの発掘と支援を目的としたアートアワード。ルミネ館内に展示するアート作品を広く一般から募集した企画で、今回の展示では、受賞6作品と審査員兼ゲストアーティストの「TYMOTE」による映像作品が紹介される。
「LUMINE meets ART AWARD 2016」では、ウィンドウ部門 / インスタレーション部門 / エレベーター部門 / 映像部門で作品が募集され、総数480点の応募が寄せられた。ウィンドウ部門の受賞作品は、ルミネ新宿 ルミネ2 スタニングルアー横に展示される織晴美氏の「I am Here @ Lumine」と、サラベス横に展示されるakatin氏の「でぃすこ」。「I am Here @ Lumine」は「LUMINE meets ART AWARD 2016」全体でのグランプリにも選ばれている。
ルミネ新宿 ルミネ1 エレベーターに展示されるエレベーター部門の受賞作品は、照屋美優氏の「Imaginary Landscape」と安藤充氏の「Algorithmic SANSUI」。インスタレーション部門の受賞作品で準グランプリでもある住田衣里氏の「Hunters」は、グランプリ作品と同じくルミネ2 スタニングルアー前に展示される。映像部門の受賞作品の持田寛太氏による「飯循環」は、ルミネエスト新宿(柱10本19面)や新宿駅南口(柱2本8面)などのルミネ各店デジタルサイネージで紹介。「TYMOTE」による映像作品も、同じくルミネ各店デジタルサイネージでの放映が予定されている。
■期間:
2017年1月10日(火)~2月1日(水)

■開催場所:
ルミネ新宿、新宿駅南口、ルミネエスト新宿など
東京都新宿区西新宿1-1-5(ルミネ1)
東京都新宿区新宿3-38-2(ルミネ2)
東京都新宿区新宿3-38-1(ルミネエスト新宿)

■問い合わせ先:
「LUMINE meets ART AWARD」事務局
url. http://www.lumine.ne.jp/lma/award
2017-01-10
2017-02-01
event
twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース