デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

伝統色の安定感がうれしい「和のかわいい配色パターン」

ニュース

金・銀を含む、和の伝統色を使った500の配色例を紹介

伝統色の安定感がうれしい「和のかわいい配色パターン」


株式会社グラフィック社は、和の伝統色40色をベースに、500の配色パターンを紹介した「和のかわいい配色パターン」を6月8日に発売した。A5判/160P/1,800円(税抜)。
本書は、金、銀をはじめ、朱色、錆色、萌黄色など和の伝統色40色を使った配色パターンを紹介した配色見本帳だ。朱塗り門や蒔絵箱に見られるような“代表的な配色パターン”をはじめ、伝統色を活かす豊富な配色バリエーションを約500例掲載している。

この配色パターン・ブックの最大の特徴は「金」「銀」が含まれているところだ。伝統工芸品に使われる金箔や、銀糸刺繍など、和の配色に金・銀はかかせない。あでやかな朱や、引き締まった留紺などの各色に、煌びやかな金・銀が加わることで、デザインの幅がぐっと広がり、和の安定感が増した配色帳になっている。

それぞれの配色には、印刷用のCMYK値、モニタ上で使うRGB値、Webカラーの数値が記載されているので、気に入った配色を見つけたら、印刷でもWebコンテンツでも、すぐに手元で再現することができる。和菓子や和小物、観光ポスターの制作から、趣味の塗り絵や手芸品まで、和のテイストが求められるシーンで幅広く活用して欲しい一冊だ。

これらの配色パターンを厳選したのは、カモ井加工紙のマスキングテープブランドmtをはじめ、様々な企業やブランドのデザインを手がけるデザイン事務所“iyamadesign”だ。このデザイン事務所はNY ADCやD&ADなど海外のデザイン賞を多数受賞しており、配色見本帳も「女性をひきつける配色パターン」「季節を感じる配色パターン」「ピンクのかわいい配色パターン」に続く、4作目となる。
留紺

留紺

「留紺」を使った配色パターン

「留紺」を使った配色パターン

白金

白金

【和の伝統色】
朱、洗朱、茜、栗梅、虹色、長春、菖蒲、茄子紺、鳩羽、白藤、紫紺、瑠璃、留紺、紺鼠、浅縹、白藍、露草、白群、浅葱、常磐緑、虫襖、苔、萌黄、若芽、緑茶、緑黄、山吹、人参、丁子茶、錆、卵、枯、江戸鼠、絹鼠、墨、黄金、白金
出版社:株式会社グラフィック社
価格:1,800円(税抜)
iyamadesign 著 グラフィック社編集部 編
URL:http://www.graphicsha.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766130367/
2017/06/12
twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース