第2回 仮想3D空間での物体移動(1)



Lesson3 3D表現にチャレンジしよう!


ActionScriptを使った表現の中でも最もインパクトのある表現のひとつが3D表現だろう。奥行きを 持たせた3D表現は平面のモニタ画面上でも立体的な空間を感じさせることができ、見る者を強力に惹きつける。3D表現といっても多岐にわたるが、 Lesson3ではActionScriptを使った3D表現をめざしてみよう。

(解説:茅原 伸幸)

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

▷こんな記事も読まれています

Recommended by

登録済みの方はここからログイン