DIYで実現する理想のデザイン

ちょっとした素材作成や撮影ならデザイナー自身でやれる!
DIYで実現する理想のデザイン

デザイナーの仕事は、デザインをすること。その「デザインをする」という言葉から一般的に連想されるイメージを少しだけ広げれば、より多彩なデザインを行えるのではないでしょうか。例えばデザイナー自身がちょっとしたイラストを描いたり、写真を撮ったり、素材をつくったりすることで、やれることは大きく広がるはずです。「DIY(DO IT YOURSELF)」、つまり自分自身でいろいろやってデザインを仕上げてみる。そんなデザインのさまざまな手法を、今月の特集では紹介していきます。

撮影した紙素材を組み合わせて風合いのあるデザインを表現
main

ポイント 1 紙やタグなどの身近な小物を撮影する
ポイント 2 描画モードを変更して自然な仕上がりにする
………………………………………………………………………

制作・文 杉野申樹[mo] 使用ソフト Photoshop CS3

>>>撮影した紙素材を組み合わせて風合いのあるデザインを表現

本記事は『MdN』2010年6月号(vol.194)からの転載です。
『MdN』2010年6月号(vol.194)表紙

楽天ブックスで買う

そのほかには下記のような記事が掲載されています。
(▼クリックすると画像が大きく表示されます)

P026-027P036-037

特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。
月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら!

■そのほかの月刊『MdN』からの転載記事
Photoshopで出来る表現、その全貌!(『MdN』2010年5月号より)
理想のガールズ・イラストを描く方法(『MdN』2010年4月号より)
ここでしか読めない“プロ領域”のグラフィックの技!(『MdN』2010年3月号より)



twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

▷こんな記事も読まれています

Recommended by