Photoshop現場のトリセツ。

プロでも自己流は限界がある!
Photoshop現場のトリセツ。

色調補正やフィルタなど、Photoshopを「なんとなく」使っているという人も多いのではないでしょうか。そこで今回の特集では、現場でよく使うPhotoshopの機能やツールの本質について、しっかりと解説していきます。機能やツールの理屈をきちんと身につけ、Photoshopを狙いどおり使いこなしましょう。

にじみのある水彩風表現
制作・文>蛯原あきら URL> www.sugartoy.net/ 使用ソフト> Photoshop CS3/CS5
P053_00-kansei
ブラシ・描画編 実践2
活用する機能:カスタムブラシ

オリジナルのブラシを作成したり、レイヤースタイルを利用したりして、リアルなにじみのある水彩風のイラストを描いていく。レイヤースタイルの[境界線]やレイヤーの[塗り]の設定を工夫するのがポイントだ。

>>>にじみのある水彩風表現

本記事は『MdN』2011年10月号(vol.210)からの転載です。
『MdN』2011年10月号(vol.210)表紙

楽天ブックスで買う

そのほかには下記のような記事が掲載されています。
(▼クリックすると画像が大きく表示されます)

特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。
月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら!
■そのほかの月刊『MdN』からの転載記事
仕事の効率&整理術(『MdN』2011年9月号より)
かんたんイラスト講座(『MdN』2011年8月号より)
必修科目のデザイン表現72(『MdN』2011年7月号より)
頼れるデザイナーの頼れる技40(『MdN』2011年6月号より)
デザイン・ワークショップ!(『MdN』2011年5月号より)
プロでも見落としがちなデザインの死角(『MdN』2011年4月号より)

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

▷こんな記事も読まれています

Recommended by