変形させたパスでパズルのピースを作成する - Illustratorテクニカル・ワークス


いますぐ使える技を身につけよう Illustrator テクニカル・ワークス

第12回

 変形させたパスを組み合わせて
 パズルのピースを作成する

変形させたパスを組み合わせてパズルのピースを作成する

 押さえておきたい機能とテクニック 
3D効果でパズルのピースを立体的にする
光沢をもった立体的なパズルのピースを作成する。まずグリッドにスナップさせながら描いたパスを、フィルタで変形。これを複製して組み合わせることでパズルのピースをつくる。ピースは組み合わせて並べることも可能だ。

 制作・文  高野 徹(lolo66)
 url  http://www.lolo66.com/
 使用ソフト  Illustrator CS3



STEP1まず最初に新規ファイルを作成し、Illustratorメニュー→“環境設定”→“ガイド・グリッド...”を選択し、[グリッド:15mm]、[分割数:11]として[OK]ボタンをクリックした。続いて、表示メニュー→“グリッドを表示”にチェックを入れ、さらに、表示メニュー→“グリッドにスナップ”にチェックを入れておく。次に、ペンツールを選択し、グリッドにスナップさせながら、1-1のようなパスを描いた。ここで、フィルタメニュー→“スタイライズ”→“角を丸くする. . .”を選択し、表示されたダイアログで[半径:5mm]と入力して実行した1-2

1-1
 1-1 

1-2
 1-2 



STEP2回転ツールをダブルクリックし、表示されたダイアログで[角度:90°]と入力して[コピー]ボタンをクリックして複製。さらに、command+Dキーで複製を2回繰り返した2-1。続いて、複製したパスを、2-2のように組み合わせておく。次に、ダイレクト選択ツールで左上の角のアンカーポイントを選択し、オブジェクトメニュー→“パス”→“連結”を選択し、表示されたダイアログで[ポイント:コーナー]にチェックを入れて実行した。さらに、他の3つの角も連結しておく。

2-1
 2-1 

2-2
 2-2 



STEP 3次に、できあがったパズルのピースを複製し、回転させて組み合わせた3-1。さらに、ふたつのピースを選択し、optionキーを押しながらドラッグして複製を繰り返すことで、パターン状に並べる。ここで、それぞれのピースの線をなしとして、カラフルに着色したら、右下のピースを回転させランダムにちりばめておく3-2

3-1
 3-1 

3-2
 3-2 



STEP 4続いて、作成したパズルのピースに質感を加えていく。パズルのピースをすべて選択したら、効果メニュー→“3D”→“押し出し・ベベル. . .”を選択し、表示されたダイアログで4-1のようにして[OK]ボタンをクリック4-2。これで、各ピースに立体感を与えることができた。

4-1
 4-1 

4-2
 4-2 



STEP 5STEP3で右下に散りばめたピースをすべて選択したら、オブジェクトメニュー→“アレンジ”→“最前面”を実行。さらに、そのほかの組み合せて並べたピースをすべて選択し、c
ommand+Gキーでグループ化しておく。続いて、すべてを選択し、効果メニュー→“スタイライズ”→“ドロップシャドウ”を選択し5-1として実行すれば、パズルのパーツの完成だ5-2


5-1
 5-1 

5-2
 5-2 



MdN vol.177表紙

本記事は『MdN』2009年1月号(vol.177)からの転載です。
特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。

月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら
楽天ブックスで買う
amazon.co.jpで買うalt



twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

▷こんな記事も読まれています

Recommended by