Lesson1 和紙風のテクスチャ作成


つくって覚える! Photoshopスキルアップ講座


第5回 レイヤースタイルでつくるアナログ風の質感表現


 Lesson 1
 和紙をイメージしたテクスチャをレイヤースタイルで作成

1まず最初に、和紙のベースを作成していく。新規ファイルを作成し、描画色を薄いピンクに設定。背景レイヤーを編集メニュー→“塗りつぶし...”で[使用:描画色]に設定して塗りつぶす 1-1 。次に、レイヤーメニュー→“新規”→“背景からレイヤーへ...”で[レイヤー名:和紙]に設定する。

1-1
1-1



2続いて、工程1で作成した「和紙」レイヤーに質感をつけていく。レイヤーメニュー→“レイヤースタイル”の“光彩(内側)...”と“パターンオーバーレイ...”を 2-1 のように設定し、実行する。“パターンオーバーレイ...”の[パターン]では、パターンピッカーメニュー→“カラーペーパー”を選択し、パターンを追加。ここから[木質繊維のある白]を選択することで、素材の質感を表現した 2-2

2-1
2-1

2-1


2-2
2-2



3さらに新規レイヤーを作成。そしてカスタムシェイプツールのツールオプションバーで、カスタムシェイプピッカーメニュー→“自然”を選択してシェイプを追加する。ここから[花2]を選択し、さらに[パス]を選択 3-1 。編集メニュー→“自由変形”などを利用して回転させながら、パスで和紙の模様を描いていく 3-2

3-1
3-1

3-2
3-2



4今度は、ブラシツールのブラシツールパレットメニュー→“ウェットメディアブラシ”を選択して
ブラシを追加。ここから[水彩顔料]を選択し、[マスター直径:35px]に変更する。さらにブ
ラシパレットで 4-1 のように設定。描画色を白にし、パスパレットメニュー→“パスの境界線を描
く...”を、[強さのシミュレート]にチェックをして実行 4-2 。花の模様が描かれた和紙を表現した。

4-1
4-1


4-2
4-2







twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

▷こんな記事も読まれています

Recommended by