サイトのメッセージを正しく伝えるWEBデザインの鉄則





Webサイトを彩ることだけが、Webデザインの役割ではない。Webサイト上でアピールしたい内容をユーザーへ正しく伝えるには、ユーザーの目的・行動を十分に検討したうえで、高いコミュニケーションを実現するWebサイトに仕上げることが重要課題となる。本特集では、Webサイトを通して伝えたい「メッセージ」を、ユーザーにきちんと届けるためのWebデザインについて考えていく。


Chapter 1 操作しやすいデザインとは



多くのユーザーが求める「操作しやすいデザイン」とは?

ユーザーインターフェイスを工夫するために、設計を理解する

「操作しやすい」を表現するデザインの技

技1 クリック可能な部分と不可能な部分を区別して操作しやすくする
技2 わかりづらい言い回しや類似したアイコン・ボタンを排除する
技3 クリック可能領域を広めに設定して操作しやすさを向上させる
技4 ページ遷移のないタブメニューで操作しやすくする



本記事は『web creators』2008 vol.83からの転載です。本特集全記事は誌面で読むことができます。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

▷こんな記事も読まれています

Recommended by