現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック 37

現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック37

現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック37

Webデザインの“いま”の手法が身につく、HTML5・CSS3・ jQueryテクニック集の決定版!

秋元 英輔 著/森崎 嘉友 著/五十嵐 亮太 著/稲葉 聡 著/大串 肇 著/小見 祐介 著/日下部 忠之 著/倉持 友喜 著/小杉 厚太 著/後藤 寛一 著/シオミ ユタカ 著/菅原 のびすけ 著/清野 奨 著/高遠 和也 著/高橋 としゆき 著/中村 大騎 著/肥田 真紀子 著/松本 奈央 著/羽野 めぐみ 著/miccweb 著/宮崎 優太郎 著/安藤 真衣子 著
A5変形判 / 256P
ISBN978-4-8443-6518-1 / 価格(本体2,800円+税)※電子版の価格は販売ストアにて
2015年08月18日発売

最近は、Webサイト制作で使用する技術が大きく様変わりしはじめています。“モバイルファースト”と呼ばれる考え方が広まっているように、PCよりもスマートフォンからのアクセスのほうが多いWebサイトはすでに珍しくありません。また、いわゆるレガシーブラウザも淘汰されつつあることから、現在はHTML5+CSS3に対応したモダンブラウザを前提に、多彩なデバイスに対応できるWebサイトづくりが主流になっています。 本書はこのような制作状況の進化を踏まえ、「これからのWeb制作のスタンダード」となる手法をまとめた解説書です。近年のWebサイトでよく見られるレイアウト・ナビゲーション・エフェクト・UIパーツをステップ・バイ・ステップ形式で紹介しています。ドロップダウンメニューやスライドショーといった頻出の基本から、背景全面動画やMasonryなどの流行の手法まで、いまのWebデザインに欠かせないテクニックを網羅しました。サンプルデータもダウンロードできるので、手を動かしながらコードの挙動なども確認できます。「これをやりたかった!」が必ず見つかる1冊です。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本










目次

クリックすると開きます

【目次】
はじめに
本書の使い方

■Chapter1 デザイン&レイアウト
近年のWebデザインのトレンド
001 レスポンシブなマルチカラムレイアウトの実装
002 レスポンシブに対応したシングルページレイアウト
003 メディア風に見せるページレイアウト
004 背景の全面に画像や動画を配置するテクニック
005 背景に配置した画像や動画をトリミングする
006 自動的に次ページのコンテンツを読み込むInfinite Scroll
007 フレームワークを利用したレスポンシブなWebサイト
008 Masonryを利用したPinterest 風レイアウト
009 チャットツールのように吹き出しで会話を表現する

■Chapter2 ナビゲーション
ユーザーを導くナビゲーション
010 アコーデオン式の折りたためるメニュー
011 様々なドロップダウンするメニュー
012 上部固定のナビゲーションメニュー
013 画面全体に表示されるポップアウト式メニュー
014 レスポンシブデザインに対応したページネーション
015 アニメーションして切り替わるレスポンシブなタブメニュー
016 オフキャンバスのメニュー

■Chapter3 エフェクト&インタラクション
Webエフェクトのトレンド
017 ページを賑やかにするスライドショー
018 様々な手法を使ったマウスホバー時のアニメーション
019 スクロールに応じたアニメーション
020 アニメーション効果をつけてページ単位でスクロール
021 様々なエフェクトで表示するLightbox
022 CSS3を使った各種ボタンデザイン
023 マウスホバーでコンテンツの表示を切り替える
024 テキストの注目ポイントをアニメーションさせて目立たせる

■Chapter4 ユーザビリティ
ユーザビリティの考え方
025 吹き出しでヘルプなどが表示されるツールチップ
026 ユーザーを退屈させないNow Loadingの表現
027 Googleマップの埋め込みとカスタマイズ
028 ユーザビリティに配慮したお問い合わせフォーム
029 検索フォームとユーザビリティ
030 マルチデバイスに対応したレスポンシブな表組み
031 アイコンの表示にWebフォントを利用する
032 各種SNSボタンを設置して拡散をうながす
033 FacebookやTwitterタイムラインをWebサイトに表示
034 ト ップへ戻るボタンを設置して画面のトップへスクロール
035 スクロールした現在位置の表示
036 マルチデバイスに対応するレスポンシブな画像出力
037 ドラッグ&ドロップによるファイルアップローダ

目的別索引
用語索引
著者プロフィール


カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)