プレゼン資料のための正しいデザイン ビジネスを成功に導くレイアウトの技術

プレゼン資料のための正しいデザイン ビジネスを成功に導くレイアウトの技術

プレゼン資料のための正しいデザイン ビジネスを成功に導くレイアウトの技術

プレゼン資料はデザインの力で変わります。ビジネスパーソンに贈る、伝えるための正しいデザイン解説書。

鈴木 春人 著
B5変形判 / 176P
ISBN978-4-8443-6519-8 / 価格(本体1,800円+税)※電子版の価格は販売ストアにて
2015年08月18日発売

「プレゼンテーションが伝わらない」と悩むビジネスパーソンは少なくありません。相手に思いを伝えることそのものが決して簡単なことではありませんが、なかでもプレゼンテーションはかなり高度な意思伝達の部類に入るといってよいでしょう。 そこで本書がおすすめしたいのが『デザイン』です。正しいデザインに力を集中すれば、コンテンツを相手にわかりやすく伝えることができ、ひいてはさまざまなメリットをもたらしてくれます。 本書はデザインが持つさまざまな機能を整理し、PowerPointのプレゼン資料作成に役立つものを抽出した「プレゼンテーションデザイン指南書」です。本書がノンデザイナーの方がデザインに一歩を踏み出すきっかけとして役立つことができれば幸いです。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本










目次

クリックすると開きます

【目次】

はじめに/目次/本書の使い方

■chapter 0 [イントロダクション]プレゼン資料のデザインとは
プレゼンデザインのコンセプト/シーン別、スライドデザインのポイント

■chapter 1 [事前準備] 伝わるプレゼン資料作りのために
スライドサイズ/ヘッダ・フッタ/ガイド/位置合わせ/テンプレート/column PowerPoint デフォルトの「A4」は、少し小さいゆえに便利!?

■chapter 2 [基本の文字組み] 文章を読みやすくする方法
書体(フォント)/行間/行長/箇条書き/文字揃え/column フォントの埋め込みについて/見出し/ジャンプ率/column 名前は似ているけど実際にはまったく別のフォント、「メイリオ」と「Meiryo UI」

■chapter 3 [カラー] コンテンツを際立たせる色づかい
「色」とは/テーマカラー/「色選び」に関するTips/column 例外的なやりとりに、あえて原色を利用する

■chapter 4 [レイアウト] レイアウトが出来映えを左右する
整列(揃える)/余白(グルーピング)/分割(対比)/反復/column 要素は視線の流れに沿って配置する

■chapter 5 [図解] これだけは押さえたい図解の基本
図解を構成する要素/図形を配置する/図形の品質を高めるTips/column 「 サビタイジング」で図解を伝わりやすく

■chapter 6 [グラフ] 仕上がりに差がつくグラフのTips
グラフを選択する/グラフを整える/グラフを伝わりやすくする/column プレゼン資料のグラフの項目数は、できれば5個程度までに厳選する

■chapter 7 [画像] 画像を効果的に見せる方法
画像を整える/画像をレイアウト(配置)する/画像の見せ方に関するTips/column 画像の背景が不要な場合には、プレゼンツールの透明化機能を試すのも手

■chapter 8 [ビフォー/アフター] 直感的に伝わるプレゼンスライドの作り方
相手にとって大切な情報から伝える/記号を組み合わせて視認性を向上する/お互いの役割がひと目でわかるようにする/数字の差をビジュアルで補完する/時間の経過を線表で表す/重要な情報に視線を誘導する/比較は全体のバランスに配慮する/グラフを使って語る/スクリーンショットはトリミングをうまく利用する/「裁ち落とし」と「対比」で、紙面にインパクトを

あとがき



カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)