シンキング・マシン 人工知能の脅威ーコンピュータに「心」が宿るとき。

シンキング・マシン 人工知能の脅威ーコンピュータに「心」が宿るとき。

試し読み
シンキング・マシン 人工知能の脅威ーコンピュータに「心」が宿るとき。

「人工知能の発明は、人類史上最高あるいは最悪の出来事となるだろう」ースティーヴン・ホーキング

ドーメル ルーク 著/新田 享子 著
A5判 / 272P
ISBN978-4-8443-6651-5 / 価格(本体1,800円+税)
2017年03月28日発売

人工知能《AI》は今や映画や小説の世界を抜け出して、現実の私たちの生活に確実に侵入しつつある。 だが、その先に待つのは明るい未来だろうか?  加速度的に発達し、人間の仕事を奪い、人間を滅亡に導くと予測されている人工知能《AI》とは、一体何なのか。 人間らしさとは何なのか。そして知能を持つこと「心」を持つこととはどういうことなのか。 人工知能を語る上で必ず話題となる「シンギュラリティ《技術特異点》」は本当に存在するのか。 人工知能は人類にとって、善なのか悪なのか。そして、私たちは人工知能とどう共存していけばいいのか。 今年、人工知能は学問として60周年を迎えたが、人工知能の実用化が日常のものとなった現在にいたるまで、その開発の歴史は容易いものではなかった。 本書は、「思考する機械《シンキング・マシン》」の開発の歴史を辿るとともに、私たちの背後に忍び寄るさまざまな変化がどのように私たちの未来を変えていくか、そして多様性を検証する。 気鋭の英国人ジャーナリストである著者がAIの開発に関わった人々のインタビューと取材を通して、その開発の歴史と人工知能の未来、そして多様性を検証する。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

目次

クリックすると開きます

【目次】
はじめに シンキング・マシン
第1章 古き良き時代の人工知能に一体何が起きたのか
第2章 AIのもう1つのアプローチ
第3章 私たちは知能に囲まれている
第4章 何かお役に立てることはありませんか?
第5章 私たちの仕事を危機に晒すAI
第6章 創造力は持てるのか
第7章 マインドクローンのいる未来
第8章 思考するマシンの未来《リスク》
おわりに ロボットの登場
著者インタビューリスト
謝辞
訳者あとがき
参考文献一覧
索引


カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)