Googleアナリティクスのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶアクセス解析の基本と実践ポイント

Googleアナリティクスのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶアクセス解析の基本と実践ポイント

試し読み
Googleアナリティクスのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶアクセス解析の基本と実践ポイント

Webビジネスでの意思決定の基盤となるアクセス解析の基本を、ケーススタディと動画で学ぶ!!

山野 勉 著
B5変形判 / 224P
ISBN978-4-8443-6716-1 / 価格(本体2,200円+税)
2017年10月31日発売

Webでビジネスを進めるうえで、「どのようなユーザーがサイトに来ているか」、「どのようなコンテンツに人気があるか」、「ユーザーがどのように行動しているか」といったデータを正しく把握することは大切です。現状のWebサイトの問題を見誤ってしまうと、解決するための施策も見当外れなものになり、大きな成果は得られません。Googleアナリティクスを使いこなして、より成果の上がるWebサイトに育てていくには、たんに操作手順を覚えるだけでなく、“どう使うか”という実践への落とし込みが重要です。そこで本書では、これだけは押さえておきたいという基礎の解説に加え、Googleが用意しているデモアカウントを利用したケーススタディを設けています。解説と同じデータを見ながら、順を追って手元で解析を進めていけるので、初心者の方でもGoogleアナリティクスの使い方を実践を通して身につけられます。さらに、ケーススタディではYouTubeの動画解説も用意しているため、操作ミスなどでつまずくこともありません。まずは基礎をきちんと身に付けたい方、実際にどう使われているのかを具体的に体得したいという方にぴったりの一冊です。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本






目次

クリックすると開きます

【目次】
■CHAPTER1 分析指標はこれだけ覚えておけば大丈夫
01 Googleアナリティクスとは
02 Googleアナリティクスを使いこなす3つのコツ
03 Googleアナリティクスの主要指標一覧
04 ページビュー数でページが表示された回数を調べる
05 ユーザー指標とセッション指標でサイトへの訪問数を調べる
06 ページ別訪問数でユーザーを集めているページを調べる
07 新規ユーザーとリピーターでサイト定着状況を調べる
08 離脱率と直帰率でユーザーが帰ったページを調べる
09 平均ページ滞在時間の代わりに読了率でページを評価する
10 訪問経路を分類する「チャネル」名を覚えよう

■CHAPTER2 Googleアナリティクスの管理画面と分析機能
01 Googleアナリティクスのアカウント構成を理解しよう
02 Googleアナリティクスのレポート画面構成を覚えよう
03 サイトの状況とユーザーの特徴がわかる[ユーザー]軸を理解しよう
04 訪問経路や検索キーワードがわかる[集客]軸を理解しよう
05 サイト内のユーザー行動がわかる[行動]軸を理解しよう
06 サイトの目標達成状況がわかる[コンバージョン]軸を理解しよう
07 2軸の集計表で詳細を見る「セカンダリディメンション」機能
08 「セグメント」機能を理解する(1) より詳細にサイトの状況を調べる
09 「セグメント」機能を理解する(2) 2種類のセグメントを理解しよう
10 「セグメント」機能を理解する(3) 新しいセグメントを作ろう
11 「セグメント」機能を理解する(4) [シーケンス]項目の使い方

■CHAPTER3 ユーザー軸・集客軸で分析するケーススタディ
01 ユーザーが増加した理由を突き止める(1) 新規/リピーターの増加を調べる
02 ユーザーが増加した理由を突き止める(2) ユーザーの訪問経路を調べる
03 ユーザーが増加した理由を突き止める(3) 特定の訪問経路を深掘りする
04 訪問経由とランディングページの相性から問題を発見する
05 モバイルサイトの低CVRについて考える(1) eコマースのコンバージョン率を見る
06 モバイルサイトの低CVRについて考える(2) PCとモバイルのチャネル別効果

■CHAPTER4 行動軸で分析するケーススタディ
01 特定ページのPV数増加の原因を探る(1) PV数が増加したページを見つける
02 特定ページのPV数増加の原因を探る(2) ユーザーの訪問経路を調べる
03 コンテンツの人気を把握する(1) 新規ユーザーの動向を把握する
04 コンテンツの人気を把握する(2) 新規を集めるコンテンツを調べる
05 ページ改修が成功したのか失敗したのか評価する
06 コンバージョンしたユーザーが見ていたページを集計する
07 モバイルサイトの低CVRについて考える(3) ステップ別に改善箇所を探る

■CHAPTER5 Googleアナリティクスのさまざまな設定
01 「トラッキングコード」を発行してサイトに設置する
02 コンバージョン数測定のために目標を設定する
03 サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携を設定
04 ボタンのクリック数を測定するイベントトラッキングを設定する
05 複数ドメインを持つサイトに必須 クロスドメイントラッキング設定
06 URLが同じページの測定には仮想ページを設定する
07 購入詳細を測定する「eコマーストラッキングコード」を設置する
08 広告測定用のパラメータを設定する
09 AdWords広告とGoogleアナリティクスをリンクさせる
10 複数ページをグルーピングする「コンテンツグループ」の設定
11 [ビュー]のフィルタ機能で絞り込んだレポート画面を作る

目的別索引
用語索引