ウェブレイアウトの教科書 PC・スマートフォン・タブレット時代の標準デザイン

ウェブレイアウトの教科書 PC・スマートフォン・タブレット時代の標準デザイン

ウェブレイアウトの教科書 PC・スマートフォン・タブレット時代の標準デザイン

ウェブサイトの正しい レイアウト方法を教えます。

境祐司 著
B5変型判 / 240pP
ISBN978-4-8443-6241-8 / 価格(本体2,500円+税)※電子版の価格は販売ストアにて
2011年12月21日発売

スマートフォンやタブレットなど、ウェブを利用・閲覧するためのデバイスは日を追うごとに増え続けています。ウェブレイアウトも、新しいデバイスを考慮したものが求められる時代になりました。本書は、PC・スマートフォン・タブレット時代を迎え、新たに知っておかなければならないウェブレイアウトの知識や技法を体系的にまとめた教科書です。2011年以降のウェブ制作を取り巻く環境や潮流、レイアウトの種類や見せ方・技法、インターフェイスの構造や実装方法など、現在のウェブレイアウトに必要なすべての項目を網羅しました。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ページイメージ

クリックすると折りたためます
■ページ見本










目次

クリックすると開きます

【目次】
■はじめに
■本書の使い方

■第1章 レイアウトデザインの基本
1.1 レイアウトとは?
1.2 グリッドシステムの概念
1.3 ホワイトスペースを理解する
1.4 装飾と情報のデザイン
1.5 浮動化する新しいレイアウトデザイン

■第2章 ウェブデザインのレイアウト技法
2.1 ウェブレイアウトの基本
2.2 アダプティブ(適応可能)なレイアウトデザイン
2.3 アダプティブ・ウェブデザインの基本を理解する
2.4 CSSの基本概念「ボックスモデル」を理解する
2.5 CSS3を使ったこれからのウェブレイアウト

■第3章 デスクトップ
3.1 最もベーシックなリキッドレイアウト
3.2 フロート処理による段組みレイアウト
3.3 フロート処理の解除と段組みレイアウトの応用
3.4 CSS3グリッドレイアウトによるページデザイン
3.5 グリッドレイアウトによる調整可能なデザイン
3.6 マルチカラムレイアウトとの組み合わせ
3.7 フレキシブルボックスレイアウトとの組み合わせ

■第4章 携帯電話・スマートフォン
4.1 携帯電話用のウェブサイト「ケータイサイト」
4.2 スマートフォン向けのウェブサイト
4.3 コンテキスト・ファーストの考え方
4.4 スマートデバイスとViewport
4.5 コンテンツが優先される小さなスクリーンのレイアウト
4.6 メディアクエリによるレイアウトの切り替え

■第5章 タブレット
5.1 タブレットスクリーンのレイアウト
5.2 ウェブアプリのレイアウト設計
5.3 ネイティブアプリのレイアウト設計
5.4 レイアウトデザインのフレームワーク

■第6章 マルチデバイス対応のレイアウト
6.1 ラフスケッチとモックアップの作成
6.2 固定レイアウトで設計してリキッドレイアウトに変換する
6.3 メディアクエリでスタイルを切り替える
6.4 対象とする閲覧環境で検証する
6.5 アダプティブ・ウェブデザインの実践[1]設計・制作
6.6 アダプティブ・ウェブデザインの実践[2]スタイルの切り替え

さくいん
著者紹介・参考文献

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)

カスタマーレビュー(出典:amazon.co.jp)