レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法

レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド
あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法

サンプルデータダウンロード

このたびは、「レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法」をご購入いただきまして、誠にありがとうございます。
以下に本書「第3章 レスポンシブなサイトを作ってみよう[実装:応用編]」の解説で使用したサンプルデータを用意しましたのでご利用ください。

データ提供:こもりまさあき氏


●ダウンロードファイル名
・responsive_sample.zip(16.7MB)


[収録内容]

P.82
03-1-1 レイアウトのカラム数をデバイスサイズで変化させる

P88
03-1-2 レイアウトの横幅をデバイスの解像度のサイズで固定する

P94
03-1-3 レイアウトをPCやスマートデバイスのそれぞれのブラウザ幅で可変させる

P102
03-1-4 レイアウトのフォントサイズをそれぞれのデバイスによって変化させる

P110
03-1-5 意図しないフォントサイズの縮小を回避する

P118
03-2-1 ひとつの画像を柔軟に使い回す

P124
03-2-2 背景画像を使ったレスポンシブな画像表現

P132
03-2-3 画像の配置にJavaScriptを利用する

P140
03-2-4 JavaScriptが無効な環境用の画像切り替え

P148
03-3-1 動画の表示サイズをレスポンシブにする

P156
03-3-2 さまざまなデバイスへビデオ配信を可能にする

P164
03-4-1 コンテンツの横幅にフィットするテキスト

P172
03-4-2 画像化をせずにテキストで美しく装飾する

P180
03-5-1 説明窓もレスポンシブにする

P190
03-5-2 Google Mapsをレスポンシブにする



■ダウンロードにあたってのご注意■

ダウンロードファイルは、ZIP形式で圧縮されています。Windows、Macそれぞれの解凍ソフトを使って圧縮ファイルを解凍してください。

サンプルデータには「サンプルファイルについて.txt」が同梱されていますので、ご使用の前に必ずお読みください。

ダウンロードファイルを解凍すると、サンプルデータ(テキストデータ)が各節ごとにHTML、CSS、JavaScriptなどの各種ファイルとして収録されています。index.htmlファイルをブラウザにドラッグしたり、Webサーバにアップロードして開く、テキストエディタでソースを開くなどしてご利用ください。

※当サイトからダウンロードできるサンプルデータおよびリンクされたWebサイトを実行した結果につきましては、著者および株式会社エムディエヌコーポレーションは一切の責任を負いかねます。お客様の責任においてご利用ください。

※弊社WebサイトからダウンロードできるサンプルデータおよびリンクされたWebサイトは、本書の解説内容をご理解いただくために、ご自身で試される場合にのみ使用できる参照用データです。その他の用途での使用や配布などは一切できませんので、あらかじめご了承ください。ただし「jQuery」等の一般に公開されているJavaScriptライブラリについては、各ライブラリのライセンス条件に従います。

※弊社WebサイトからダウンロードできるサンプルデータおよびリンクされたWebサイトの著作権は、それぞれの制作者に帰属します。

※本書に掲載されているHTML、CSS、JavaScript等のコメントや改行位置等は、紙面掲載用として加工しているため、ダウンロードしたサンプルデータとは異なる場合があります。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS