イヤホンジャックがないスマホで手持ちの有線イヤホンを使えるBluetoothレシーバー | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

イヤホンジャックがないスマホで手持ちの有線イヤホンを使えるBluetoothレシーバー

2020.8.14 FRI

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ 
イヤホンジャックがないスマホで手持ちの有線イヤホンを使えるBluetoothレシーバー~エレコム「LBT-PHP01AVBK」レビュー
 
2020年06月30日
TEXT:山口真弘(ITライター)

最近のスマホは、イヤホンジャックを搭載していない機種が増えつつあります。有線での接続にこだわり、機種選定時にイヤホンジャックがあることを条件にする人もいるでしょう。

一方でその中には、今使っているお気に入りの有線イヤホンをそのまま使えさえすれば、有線か無線かには特にこだわらないという人もいるのではないでしょうか。

こうした人におすすめなのが、既存の有線イヤホンをワイヤレス化できるBluetoothアダプタです。複数のメーカーから製品が発売されていますが、今回は音楽再生に特化した、エレコムの製品を紹介します。
製品本体。幅と高さはそれぞれ28mmとコイン程度のサイズ。重量はわずか10g

製品本体。幅と高さはそれぞれ28mmとコイン程度のサイズ。重量はわずか10g

上面にある3.5mmジャックにイヤホンなどを差し込んで使います

上面にある3.5mmジャックにイヤホンなどを差し込んで使います

側面には電源スイッチを搭載。裏面のクリップで服の襟元などに取り付けられます

側面には電源スイッチを搭載。裏面のクリップで服の襟元などに取り付けられます

充電は下部のmicroB端子から行います。2時間のフル充電で6時間駆動します

充電は下部のmicroB端子から行います。2時間のフル充電で6時間駆動します

利用にあたっては、まず本体上面の3.5mmジャックに有線イヤホンを差し込みます。物理的に差し込むだけですので、イヤホンでもヘッドホンでも、あるいはスピーカーであっても、3.5mmのピンジャックに差し込めさえすれば問題ありません。

続いてスマホとBluetoothのペアリングを行います。具体的には、本体側面のスイッチをオンにして、スマホ側で「PAR01」という型番が表示されれば、タップするだけで接続が完了します。ワイヤレスイヤホンを初めて使う人でも、それほど迷うことはないでしょう。

以上で設定は完了。既存のイヤホンやヘッドホンが、Bluetoothを経由してワイヤレスで利用できるようになります。専用アプリをインストールするような手間はかかりませんし、もちろんスマホにイヤホンジャックがなくとも問題ありません。
まずはイヤホンを本体に挿します。3.5mmジャックに適合すれば機種は問いません

まずはイヤホンを本体に挿します。3.5mmジャックに適合すれば機種は問いません

次いでスマホとペアリングを行います。「PAR01」という名称で認識されます

次いでスマホとペアリングを行います。「PAR01」という名称で認識されます

3.5mmジャックに差し込むことさえできれば何にでも対応しうる便利な製品ですが、もともと有線の製品を力技でワイヤレス化しているため、万能ではありません。例えばイヤホン側の再生/一時停止ボタンや、音量調整ボタンなどが利用できないのはそのひとつです。

また、BluetoothのプロファイルがA2DPのみ、コーデックはSBCのみで、音の遅延は少なからず発生します。音楽を聴く場合は問題ありませんが、話者の口の動きと音声が合っていないと気持ち悪く感じるトーク番組などは、本製品の利用にあまり向いていません。

さらに、Bluetoothデバイスということで、この製品自体、利用にあたっては定期的な充電が必要です。充電の手間を嫌って有線イヤホンを使い続けている人にとっては、わざわざ本製品を使う意味はありません。バッテリーも、満充電での駆動時間が6時間と、それほど長くないのもデメリットです。
パッケージ。通話機能には対応しないため「音楽専用モデル」という位置づけです

パッケージ。通話機能には対応しないため「音楽専用モデル」という位置づけです

同梱品一覧。なぜかイヤホンそのものまで付属します。Bluetoothのバージョンは4.1

同梱品一覧。なぜかイヤホンそのものまで付属します。Bluetoothのバージョンは4.1

このように、気をつけるべき点はなくはないのですが、手持ちの有線イヤホンの音質やデザインが気にいっていたり、あるいはイヤーピースがオーダーメイドであるなど、コスト以外の理由で有線イヤホンを使い続けたい人にとっては、救世主のような存在です。

ちなみに今回紹介した製品は、ちょうどモデルチェンジの時期なのか、すでに流通在庫のみとなっており、価格も千円を切るなど(本稿執筆時点で999円)、気軽に試すのにぴったりです。

他社製品ではさらに遅延の少ないコーデックに対応した製品や、音楽再生以外にも対応する製品もあるようですので、自分の用途に合った製品を探してみてはいかがでしょうか。
製品名:LBT-PHP01AVBK
実売価格:999円
発売元:エレコム
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N7DGN1J/
 
[筆者プロフィール]
山口 真弘(やまぐち まさひろ)
ITライター。PC周辺機器メーカーやユーザビリティコンサルタントを経て現職。各種レビュー・ハウツー記事をWEBや雑誌に執筆。最近は専門であるPC周辺機器・アクセサリに加え電子書籍、スマートスピーカーが主な守備範囲。著書に『ScanSnap仕事便利帳』(ソフトバンククリエイティブ)『PDF+Acrobat ビジネス文書活用[ビジテク] 』(翔泳社)など。Twitter:@kizuki_jpn
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

8.3-8.9

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在