(3)OpenType・プロポーショナルメトリクス | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-
タイトル画像


TECHNIQUE OpenType・プロポーショナルメトリクス


OpenTypeフォントを使っていれば、文字詰めを自動で行える。Adobe Illustratorの旧バージョン(10以下)ではCID、OCFフォントを「詰め」チェックボックスで詰めることができたが、それと同じような詰まり方になる。ある程度きれいに詰まるので、作業効率をかなり上げられるだろう。ただし、自動文字詰めは若干詰まり具合が甘いので、仕上げに手詰めをすることが大切だ。


【1】Adobe Photoshop文字パレット。
【1】Adobe Photoshop文字パレット。パレットメニュー→“OpenType”→“プロポーショナルメトリクス”で実行できる。使っているフォントがOpenTypeフォントでない場合はグレーになって選択することができない。カーニング値に「メトリクス」を設定しても同様の詰め具合になる


【2】Illustrator文字パレット。
【2】Illustrator文字パレット。こちらは文字パレットとセットになったOpenTypeパレットがあり、そこで適用する。OpenTypeパレットには「プロポーショナルメトリクス」のチェックボックスがあるので、そこにチェックを入れるか、パレットメニューから選択すればよい。Photoshop同様、OpenTypeフォント以外のフォントを選択している場合はグレーになって選択することができない
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

アクセスランキング

4.19-4.21