気になるフォント、知りたいフォント。| 文庫『龍のいとし子/戌島百花』(2019.9.19) | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

気になるフォント、知りたいフォント。| 文庫『龍のいとし子/戌島百花』(2019.9.19)

2019.10.19 SAT

【プロのフォント使いを実例から解く】
気になるフォント、
知りたいフォント。
デザインの構成において、最も重要な要素の一つ「フォント」。本コーナーでは、無数の選択肢から導き出されるプロのフォント使いを、素敵な実例ベースで紹介していきます。
今回取り上げるのは、文庫『龍のいとし子/戌島百花』です。

2019年9月19日 取材・文 山口 優
『龍のいとし子/戌島百花』
文庫/2019/KADOKAWA(富士見L文庫)(URL
●Designer:團夢見[imagejack](URL
●Illustrator:ハルカゼ
流れるような筆致の文字で繊細な世界観を表現
拝み屋をしていた父の死をきっかけに異形に襲われるようになった女子大生の柚葉と、彼女を守り助ける美貌の男子高校生の周を主人公にした恋愛ファンタジー小説の表紙カバー。美しき人外と少女の禁忌の恋をテーマにした幻想的な作品世界が、繊細でありながら表情豊かで躍動感にあふれるイラストとタイトル文字などで表現されている。

使用フォント1(タイトル)
「筑紫Bヴィンテージ明朝L-R」

繊細な作風を意識し
流麗で味わい深い明朝体に

筑紫Bヴィンテージ明朝L-R

筑紫Bヴィンテージ明朝L-R

メインタイトルの文字は、明治4年に発刊された「手習の文/福澤諭吉編」(慶應義塾出版)の「ふ」のデザインにインスパイアされたという古風な雰囲気ながら独創的なニューテイストの明朝体「筑紫Bヴィンテージ明朝L-R」(フォントワークス)。繊細で幻想的な作品の雰囲気に合わせ、若干文字を細めたうえで使用されている。

使用フォント2(作者名)
「筑紫Aオールド明朝 B」

タイトルロゴに合わせ
美しいフォルムの明朝体に

筑紫Aオールド明朝 B

筑紫Aオールド明朝 B

作者名「戌島百花」部分の文字は、美しい打ち込みや伸びやかなハネなどが特徴的なオールドスタイルながら新しさもある明朝体「筑紫Aオールド明朝 B」(モリサワ)。メインタイトルとの相性や読みやすさを意識して、書風が近くよりオーソドックスな書体が選択された。

使用フォント3(欧文表記)
「Century Schoolbook Roman」

シンプルなセリフ体で
全体の雰囲気を引き締める

Century Schoolbook Roman

Century Schoolbook Roman

タイトルの欧文表記「Ryuno Itoshigo」部分はオーソドックスなセリフ体「Century Schoolbook Roman」(Monotype)が選択された。シンプルなセリフ体をアクセント的に用いることで、全体の雰囲気を引き締めるのが狙い。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

10.07-10.13

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在