気になるフォント、知りたいフォント。 書籍『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!/玉木正之』(2020.07.09) | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

気になるフォント、知りたいフォント。 書籍『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!/玉木正之』(2020.07.09)

2020.10.21 WED

プロのフォント使いを実例から解く
気になるフォント、
知りたいフォント。
デザインの構成において、最も重要な要素の一つ「フォント」。本コーナーでは、無数の選択肢から導き出されるプロのフォント使いを、素敵な実例ベースで紹介していきます。記事一覧はこちら
今回取り上げるのは、書籍『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!/玉木正之』です。
2020年7月9日 取材・文 山口 優
『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!/玉木正之』
書籍/2020/春陽堂書店(URL
●Designer:竹内康人[VENUE(ベニュー)](URL
●Illustrator:T.Maruyama
温かく親しみのある書体で手に取りやすい印象に

スポーツ文化評論家の玉木正之が、読者に“スポーツとは何か?”を問いかけながら、文化としてのスポーツの魅力を解き明かしていくコラム集。スポーツになじみのない人でも入門書や雑学書として楽しめる内容になっている。

表紙カバーは、書体やイラスト、色使い、用紙の種類などにもこだわって小難しさや専門性を排し、優しく手に取りやすい印象に仕上げられている。

使用フォント1(メインタイトル)
「A1ゴシック M」

温かみや親しみを持つ
黒みのある書体に
メインタイトルの文字は、オールドスタイルの明朝体「A1明朝」の骨格を参照して作成されたゴシック体「A1ゴシック M」(いずれもモリサワ)がベースに。淡い色味の背景とメリハリをつけつつ温かみや親しみを持たせるため、角や線画の交差部分にほんのり丸みがあり、優しさとしっかりとした黒みを併せ持つ書体が選択された。若干長体をかけることで文字を組んだ際に縦に美しく流れるような工夫もされている。

使用フォント2(著者名)
「A1ゴシック M」

タイトルと書体をそろえ
全体に統一感を

A1ゴシック M

A1ゴシック M

著者名の文字は、メインタイトルと同じゴシック体「A1ゴシック M」(モリサワ)に。淡い色味の背景とメリハリをつけて引き立たせつつ、タイトルと書体をそろえることでフォントの使いすぎを防ぎ、印象的でありながらもすっきりとした雰囲気にまとめられている。

使用フォント3(欧文)
「Berenjena Fina」

細くエレガントな書体で
メリハリをつける
Berenjena Fina

Berenjena Fina

著者名の欧文は、繊細なフォルムを持つセリフ体「Berenjena Fina」(PampaType)に。太くしっかりとした黒みと温かみを併せ持つ和文書体に対して、細くエレガントな書体を使うことで、メリハリを持たせるのが狙い。

気になるフォント、 知りたいフォント。
BACK NUMBER

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

10.12-10.18

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在