気になるフォント、知りたいフォント。 コミックス『アマゾネス・キス 2/意志強ナツ子』(2020.10.1) | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

気になるフォント、知りたいフォント。 コミックス『アマゾネス・キス 2/意志強ナツ子』(2020.10.1)

2020.10.28 WED

プロのフォント使いを実例から解く
気になるフォント、
知りたいフォント。
デザインの構成において、最も重要な要素の一つ「フォント」。本コーナーでは、無数の選択肢から導き出されるプロのフォント使いを、素敵な実例ベースで紹介していきます。記事一覧はこちら
今回取り上げるのは、コミックス『アマゾネス・キス 2/意志強ナツ子』です。
2020年10月1日 取材・文 山口 優
『アマゾネス・キス 2/意志強ナツ子』
コミックス/2020/リイド社
●Designer:鈴木哲生(URL
堂々とした骨格の明朝体でネットリしつつも強い印象に

大手菓子メーカーを辞めて超感覚知覚力を開発する会員制ジム「アマゾネス・キス」を始めた純子と、彼女のカリスマ性に憧れを抱く駆け出しの占い師・はづき、地下アイドル時代にスカウトされてジムのトレーナーになったアケミら、一癖も二癖もある登場人物たちの人間関係を描いた漫画作品。(試し読みはこちら

表紙カバーは「漫画家・意志強ナツ子の代表作にふさわしい堂々たる本」をコンセプトにしつつ、連載漫画の王道であるキャラクターをフィーチャーしたデザインに。また、クセのある骨太なタイトル文字と作者名を両サイドに配置して、読者に強い印象を与える工夫もされている。

使用フォント1(メインタイトル)
「オリジナル」
作り起こした明朝体で
ネットリ強く硬い印象に
メインタイトルおよび作者名の文字は、デザインコンセプトに合わせて作り起こされたオリジナルのもの。漫画家・意志強ナツ子の代表作になることを意識して、図のように骨太で堂々たる風格の文字が数種類考案された。最終的に、いかがわしい会員制ジムを舞台に絡み合う人間模様を描いた作風を念頭に、ネットリした雰囲気を併せ持つ明朝体の文字が採用されている。

使用フォント2(巻数)
「オリジナル」

極太のジオメトリックな
数字でコントラストを

オリジナル

オリジナル

巻数の「2」は、メインタイトルに合わせて作り起こされたオリジナルの数字。タイトルがミディアム~ボールドくらいの明朝体のため、欧文書体のExtra Blackぐらいの重さを持つジオメトリックなデザインの数字にすることで、コントラストをつけて目立たせる工夫がされている。図は背、本体表紙、扉などに使われた複数の案。カバー表紙にはいちばん左の案が採用された。

使用フォント3(欧文タイトル)
「オリジナル」

キャラクターに合わせて
かわいらしい雰囲気に
オリジナル

オリジナル

欧文タイトルの文字は、表紙のキャラクターに合わせて作り起こされたもの。表紙では毎回異なる人物がフィーチャーされているが、今回はその中でいちばん若い女性ということを意識して、伊・オリベッティのタイプライター用書体「Sirio」、「スーラ」(フォントワークス)や「じゅん」(モリサワ)の従属欧文を思わせる丸みの強いかわいらしい雰囲気の文字が作成された。

気になるフォント、 知りたいフォント。
BACK NUMBER

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

10.19-10.25

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在