気になるフォント、知りたいフォント。 書籍『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい/鈴木純』(2020.10.15) | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

気になるフォント、知りたいフォント。 書籍『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい/鈴木純』(2020.10.15)

2020.10.22 THU

プロのフォント使いを実例から解く
気になるフォント、
知りたいフォント。
デザインの構成において、最も重要な要素の一つ「フォント」。本コーナーでは、無数の選択肢から導き出されるプロのフォント使いを、素敵な実例ベースで紹介していきます。記事一覧はこちら
今回取り上げるのは、書籍『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい/鈴木純』です。
2020年10月15日 取材・文 山口 優
『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい/鈴木純』
書籍/2019/雷鳥社(URL
●Designer:窪田実莉
●Photographer:鈴木純
切れ目やうねりのある文字で生物のような雰囲気に

植物観察家の鈴木純が、街中で見つけた植物にずんずん近づいて、その個性的な見た目や生き方、謎を楽しむというコンセプトの“植物観察本”。漫画のようなコマ割りで500点近い写真がレイアウトされており、読み進めながら著者と一緒に植物を観察しているような感覚を味わうことができる。

表紙カバーでは、同書の「身近な植物がこんなにも不思議で面白くてたくましい」というメッセージが、植物を際立たせたメインビジュアルや生物を思わせる有機的なタイトル文字などで表現されている。

使用フォント1(メインタイトル、著者名)
「オリジナル」
途切れ途切れの文字で
生物を想起させる
オリジナル

オリジナル

タイトルや著者名の文字は、書籍のコンセプトに合わせて作り起こされたオリジナルのもの。デザインの初期段階に「どんな雰囲気の文字が合うか」を意識しながら仮の文字列でアイデア出しが行われ、その中のひとつをベースに考案された。

上に示した図のうち下の方はその元になった案。手書きした途切れ途切れの文字からアイデアを広げ、線のうねりや規則性をプラスしながら仕上げられた。なお、タイトルや著者名はすべて銀の箔押しにすることで、控えめながらも目にとまりやすくする工夫がされている。

使用フォント2(帯のキャッチ)
「游ゴシック体 B」

柔らかいフォルムと
安定感のある書体に

游ゴシック体 B

游ゴシック体 B

帯のキャッチコピーの文字は、柔らかいフォルムと安定感を併せ持ったゴシック体「游ゴシック体 B」(字游工房)に。全体の雰囲気を壊すことなく、しっかりと目立たせるため、線に抑揚がありあたたかで有機的な雰囲気のゴシック体がチョイスされている。

気になるフォント、 知りたいフォント。
BACK NUMBER

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

10.12-10.18

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在